NTTドコモ<9437>が2020年12月3日、「通信容量20GB(ギガバイト)で月額2980円」というスマートフォン向け料金プラン「ahamo(アハモ)」を2021年3月から提供すると発表した。ライバルの大手キャリア2社どころか、格安スマホサービスと呼ばれるMVNO(仮想移動体通信事業者)よりも格安という価格破壊料金だ。ドコモの狙いは「MVNOつぶし」なのか?それとも…。

格安スマホも吹っ飛ぶ「価格破壊弾」のahamo

MVNO大手の日本通信<9424>は翌4日、同20GBに加えて月70分までの通話料金を含めて月額1980円という「SSDプラン」を発表した。同社は「MVNOつぶしではないかといわれているドコモの新料金に、MVNOの代表として対抗プランを投入する」と危機感をあらわにしている。

確かにMVNOが震え上がるのも無理はない。「格安」と人気を集めているMVNOですら、同20GBの料金は4000円台半ば。おそらくahamoが投入される頃にはMVNOがドコモに支払うパケット接続料も引き下げられるだろうが、それでも料金総額が減るだけに利幅は薄くなる。

おまけにahamoには追加料金なしでの5G(第5世代移動体通信)対応や海外でのデータ通信など、MVNOでは実現が難しい付加サービスもあり、「MVNOから大量に顧客が流出するのではないか」ともささやかれている。

比較表
企業名プラン料金(税別)最大通信容量容量超過後の通信速度5G対応無料国内通話海外利用
NTTドコモahamo2980円20GB最大1Mbps無料5分以内/回20GBまで可・無料
楽天モバイルRakuten UN-LIMIT V2980円自社エリア無制限 / 他社エリア5GB他社エリアのみ最大1Mbps無料アプリ使用でかけ放題2GBまで可・無料
インターネットイニシアティブIIJmio3260円12GB最大0.2Mbpsオプション(600円〜)不可
NTTコミュニケーションズOCN モバイル ONE4400円20GB最大0.2Mbpsオプション(850円〜)音声・ショートメッセージのみ可
オプテージmineo4590円20GB最大0.2Mbpsオプション(200円)オプション(850円)音声・ショートメッセージのみ可