ドコモの格安プランはMVNOつぶしにあらず!「敵は楽天にあり」

alt

NTTドコモ<9437>が2020年12月3日、「通信容量20GB(ギガバイト)で月額2980円」というスマートフォン向け料金プラン「ahamo(アハモ)」を2021年3月から提供すると発表した。ライバルの大手キャリア2社どころか、格安スマホサービスと呼ばれるMVNO(仮想移動体通信事業者)よりも格安という価格破壊料金だ。ドコモの狙いは「MVNOつぶし」なのか?それとも…。

格安スマホも吹っ飛ぶ「価格破壊弾」のahamo

MVNO大手の日本通信<9424>は翌4日、同20GBに加えて月70分までの通話料金を含めて月額1980円という「SSDプラン」を発表した。同社は「MVNOつぶしではないかといわれているドコモの新料金に、MVNOの代表として対抗プランを投入する」と危機感をあらわにしている。

確かにMVNOが震え上がるのも無理はない。「格安」と人気を集めているMVNOですら、同20GBの料金は4000円台半ば。おそらくahamoが投入される頃にはMVNOがドコモに支払うパケット接続料も引き下げられるだろうが、それでも料金総額が減るだけに利幅は薄くなる。

おまけにahamoには追加料金なしでの5G(第5世代移動体通信)対応や海外でのデータ通信など、MVNOでは実現が難しい付加サービスもあり、「MVNOから大量に顧客が流出するのではないか」ともささやかれている。

比較表
企業名 プラン 料金(税別) 最大通信容量 容量超過後の通信速度 5G対応 無料国内通話 海外利用
NTTドコモ ahamo 2980円 20GB 最大1Mbps 無料 5分以内/回 20GBまで可・無料
楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT V 2980円 自社エリア無制限 / 他社エリア5GB 他社エリアのみ最大1Mbps 無料 アプリ使用でかけ放題 2GBまで可・無料
インターネットイニシアティブ IIJmio 3260円 12GB 最大0.2Mbps オプション(600円〜) 不可
NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE 4400円 20GB 最大0.2Mbps オプション(850円〜) 音声・ショートメッセージのみ可
オプテージ mineo 4590円 20GB 最大0.2Mbps オプション(200円) オプション(850円) 音声・ショートメッセージのみ可

NEXT STORY

「格安時代」の終焉?ポストコロナは「物価高の時代」になるのか

「格安時代」の終焉?ポストコロナは「物価高の時代」になるのか

2020/10/13

コロナ禍が日本経済を大きく変える可能性が出てきた。現時点では落ち着いている物価が、一転して上昇しかねない芽が育ちつつあるのだ。景気後退期の物価高は経済を破壊しかねない。その代表的な業界が航空と携帯電話だ。これらの業界で何が起こっているのか?

関連のM&Aニュース