牛丼チェーン大手「松屋」新型コロナの影響受け14年ぶりの赤字へ

alt
東京・神田

公開日付:2020.11.04

 牛丼チェーン「松屋」などを展開する(株)松屋フーズホールディングス(TSR企業コード:291777406、東京都武蔵野市、東証1部)は11月4日、これまで未定だった2021年3月期通期(連結)の決算見通しを、26億円の赤字になりそうだと発表した。当期利益の赤字転落は2007年3月期以来、14年ぶり。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、既存店の客数が4-9月で20.4%落ち込み、売上減少が響いた。
 2021年3月期通期(連結)の業績予想は、売上高950億円(前年比10.8%減)、営業利益22億円の赤字(前年50億7,900万円の黒字)、当期純利益26億円の赤字(前年26億429万円の黒字)を見込んでいる。
 同日発表した2020年4-9月は、売上高449億3,100万円(前年同期比13.7%減)、営業利益24億5,500万円の赤字(前年同期31億6,100万円の黒字)、当期純利益25億3,100万円の赤字(前年18億9,300万円の黒字)だった。
 松屋フーズは、「新しい生活様式への対応として、弁当販促強化および弁当宅配事業を拡大中。また、衛生面の強化に加え、券売機を使わずキャッシュレス決済が可能なモバイルオーダーサービスを「松屋」・「松のや」ほぼ全店に導入」するなど巻き返しを図っている。

松屋の店舗(TSR撮影)
松屋の店舗(TSR撮影)©東京商工リサーチ

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

「すき家」「松屋」2ケタの大幅落ち込み 4月の既存店売上高

「すき家」「松屋」2ケタの大幅落ち込み 4月の既存店売上高

2020/05/04

牛丼チェーン店のすき家と松屋の2020年4月の既存店の売上高、来店客数(5月3日時点で吉野家は未発表)が、いずれも前年同月比2ケタ減の大幅な落ち込みとなった。