決算書分析の記事一覧

「決算書の読み方 最強の教科書」|編集部おすすめの1冊

「決算書の読み方 最強の教科書」|編集部おすすめの1冊

簿記・会計の知識を身に付けたからといって、企業の決算書がすらすら読めるとは限らない。理論と実践の間に高い壁が立ちはだかっているからだ。公認会計士である著者自身も駆け出しのころ、「決算書が読める状態」とは程遠い場所にいることを知り、大きなショックを受けたという。そんな体験が本書執筆の動機になっている。

記事を読む
巨額赤字の日産、4200億円超の投資削減で「生き残り」賭ける

巨額赤字の日産、4200億円超の投資削減で「生き残り」賭ける

日産自動車の2020年3月期決算は11年ぶりの最終赤字となった。赤字額は6712億円と、1999年の「日産危機」に迫る水準だ。同社は「このような厳しい事業環境を乗り切るための十分な流動性を維持しています」と経営危機の懸念払拭に努めている。

記事を読む
就活に役立つ会計書の著者 公認会計士の望月実さんに聞く MAOガールインタビュ-(9)

就活に役立つ会計書の著者 公認会計士の望月実さんに聞く MAOガールインタビュ-(9)

​公認会計士の望月実さんは、学生向けに就活に役立つ会計の本、2冊の著者。会計士がなぜ就活の本を書いたのかなどについて、MAOガールの山口萌さんが聞きました。

記事を読む
事業承継アドバイザリー3社の決算書分析-船井総研、山田コンサルティング、タナベ経営

事業承継アドバイザリー3社の決算書分析-船井総研、山田コンサルティング、タナベ経営

団塊世代の経営者がリタイアを迎えることも手伝い、事業承継に関するアドバイザリー業務は需要の高い分野の一つだ。今回は同サービスを手がける老舗のコンサルティング会社3社を取り上げてみたい。

記事を読む
破産開始手続きを受けたステーキ&カフェ「KENNEDY(ケネディ)」の決算書を読む

破産開始手続きを受けたステーキ&カフェ「KENNEDY(ケネディ)」の決算書を読む

10月2日に東京地裁から破産開始決定を受けたステーキチェーン運営のステークス。破産直前の2016年12月期の最終利益は3,787万円の黒字だった。黒字転換は減価償却の見送りで捻出されたものだ。

記事を読む
【企業力分析】決算書(財務会計)で未来が見えるか、検証!ココカラファイン・三越伊勢丹HD

【企業力分析】決算書(財務会計)で未来が見えるか、検証!ココカラファイン・三越伊勢丹HD

財務会計(決算書)は、未来を予測できると言われますが、信じることができますか。今回は、過去に立てたココカラファインと三越伊勢丹HDの予測を検証してみます。もし予測がズバリ当たっていたら、貴方も自社の決算書をもっともっと分析して経営に役立てて下さい。

記事を読む
M&A仲介3社の決算書分析-日本M&Aセンター、M&Aキャピタルパートナーズ、ストライク

M&A仲介3社の決算書分析-日本M&Aセンター、M&Aキャピタルパートナーズ、ストライク

M&A Onlineでは、M&A戦略を展開している企業やその対象企業の分析記事を公開しているが、今回はそのような企業をサポートしている日本M&Aセンター、M&Aキャピタルパートナーズ、ストライクの仲介3社の決算を分析してみたい。

記事を読む