ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【JXTG】M&Aで、業界再編を超えた事業の柱を構築できるか

alt
こたまるさん

【株価】現在は500円前後の水準に

 趨勢として捉えると、2016年は400円前後で推移していたが、2017年に入り400円台後半から500円を超える水準にもなってきている。直近では、2017年5月の2017年度3月期の年度決算発表の際に526円(終値)をつけた。

図表6:JXTGホールディングスの株価推移

M&A Online編集部作成

【まとめ】M&Aにより、新たな事業の柱を!

 国の後押しもあり、業界再編をM&Aにより主導してきたJXTGホールディングス。本業である石油製品事業はなくなることはないが、現在の情勢からすると今後も厳しい状況が続くことが予想される。同業界の出光興産がM&Aを活用して他分野への展開を進めていることを考えると、リーディングカンパニーでありながら、JXTGは多角化政策に関しては遅れていると言える。

 現在経済は堅調に推移しているが、予断は許されない。現業の効率化と並行して、M&Aを含めた投資政策を推進して新たな事業の柱を作ることが急務である。

 文:M&A Online編集部

 この記事は、企業の有価証券報告書などの開示資料、また新聞報道を基に、専門家の見解によってまとめたものです。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【緊急インタビュー】激動のエネルギー業界とM&A(石油業界編・前編)

【緊急インタビュー】激動のエネルギー業界とM&A(石油業界編・前編)

2016/04/22

今、エネルギー業界で何が起きているのか?大型再編が示す将来像とは?エネルギー産業史研究の第一人者である東京理科大学大学院橘川武郎教授に緊急インタビューを行った。

関連のM&Aニュース