マツダ、トヨタ…ロシア撤退相次ぐ。日本車メーカーには痛手?

alt

「マツダよ、お前もか…」。マツダ<7261>が、ロシア極東のウラジオストクでの現地生産から撤退する交渉に入ったことが分かった。日本車メーカーではトヨタ自動車<7203>が9月23日にロシア西部のサンクトペテルブルク工場を閉鎖し、ロシアから撤退すると発表している。相次ぐ日本車メーカーのロシア撤退だが、世界戦略で痛手にならないのか?

マツダ、トヨタに大きな痛手はなし

マツダは2012年にロシアのソラーズとウラジオストクに合弁工場を設立し、SUV(スポーツ多目的車)を生産していた。2021年は約2万9000台をロシア向けに生産している。ロシアによるウクライナ侵攻が長期化し、今年4月から部品不足で操業を停止していた同工場での生産再開は難しいと判断した。

ロシアからの生産撤退で、マツダは打撃を受けるのだろうか?実は大きな影響はない。マツダの同年の世界生産台数は107万4987台だったので、ロシアでの生産シェアは約2.7%にすぎない。しかも日本から主要部品を輸出して現地では組み立てるだけのノックダウン生産だったので利益率は低い。

トヨタは2007年にロシア・サンクトペテルブルグで、セダン車「カムリ」の生産を開始。ロシアではノックダウン生産だったうえに、2021年の生産台数も世界生産のおよそ1%弱の約8万台と少ない。同社にも大きな影響はなさそうだ。

このほか日産自動車<7201>、三菱自動車<7211>、いすゞ自動車<7202>もロシアに生産拠点を置いているが、4月以降は稼働停止状態にある。いずれも稼働再開の見通しは立たず、近く撤退することになりそうだ。そもそも日本車メーカーがロシアへ相次いで進出した背景には、欧米諸国との関係が良好な2000年代に資源輸出でロシア経済が成長していたという事情があった。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

NATO拡大でロシア軍が太平洋シフト、北方領土の要塞化懸念も

NATO拡大でロシア軍が太平洋シフト、北方領土の要塞化懸念も

2022-06-30

トルコが反対を取り消したことで、フィンランドとスウェーデンのNATO(北大西洋条約機構)加盟が大きく前進した。NATOの北方拡大は日本にとっても無関係ではない。ただし「ロシアを抑え込めた」と喜んでばかりはいられないようだ。果たしてどうなる?

関連のM&A速報