様変わりの北米国際オートショーで見えた日本車の「厳しい未来」

alt
フォードのEV「マスタング マッハE」を視察するバイデン米大統領(Photo By Reuters)

わずか3年で様変わり。世界3大モーターショーの一つとして知られる「北米国際オートショー」が米ミシガン州デトロイトで開幕した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で3年ぶりの開催となったが、注目企業の入れ替わりは激しい。とりわけ存在感を失ったのは、日本車メーカーだ。

「エンジン大国」のショーでEVが主役に

前回2019年のショーでは環境問題に後ろ向きにも見えた大型エンジン志向米国車メーカーが、今回は電気自動車(EV)の出展に力を入れている。とりわけ大型SUV(スポーツ多目的車)など、北米市場で「売れ筋」の人気車をEV化して展示している。米国車メーカーはEVシフトに「本気」だ。

ジョー・バイデン米大統領は9月14日、米ゼネラル・モーターズ(GM)の「シボレー」ブースを訪れ、メアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)に案内されて「シボレー シルバラード EV」などを見学。GMのSUVタイプの高級EV「キャデラックリリック」のハンドルを握り、報道陣に愛想を振りまいた。

バイデン大統領は米フォード・モーターや欧ステランティスNVが出展したEVを視察して回り、「EVの未来を前進させるために1350億ドル(約19兆3000億円)を費やす」とスピーチした。

欧ステランティスN.V.傘下の米ジープのクリスチャン・ムニエCEOは「次世代の地球を守るため、ジープのDNAを強化する素晴らしい機会として電動化を活用している」と、エンジンが当たり前だった大型オフロード車のEV化を加速する。ジープは2025 年までに4モデルのEVを導入する計画だ。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

日本メーカーがベンツの「低価格車の生産中止」を見習うべき理由

日本メーカーがベンツの「低価格車の生産中止」を見習うべき理由

2022/08/15

ベンツが低価格モデルの小型車「Aクラス」「Bクラス」の販売を2025年に打ち切り、同価格帯の後継車種も投入しないと報じられた。真偽のほどは定かではないが、信憑性はある。なぜなら低価格モデルの廃止はベンツに限らずドイツ車の「お家芸」だからだ。

関連のM&A速報