ウイズコロナでパイロットが足りない!航空会社はどう手を打つ?

alt
パイロット不足が航空会社にとって大きな問題に(写真はイメージ)

すでに「ウイズコロナ」に向けて動き出している航空業界。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックで「閑古鳥」が鳴いていた空港にも人の流れが戻ってきた。そこで新たな問題として浮上したのが、パイロット不足だ。

「パイロット確保」のために買収

2020年から2021年にかけてコロナ禍に伴う搭乗客の大幅減で大量解雇に踏み切った航空各社が、「ウイズコロナ」下の乗客急増に対応するためパイロット集めに躍起となっている。米大手コンサルティング会社のオリバー・ワイマンによると、北米では2022年にパイロットの需要が供給を上回っている状況という。

米ジェットブルー・エアウェイズは7月28日、その前日に米フロンティア・グループ・ホールディングスとの合併合意を撤回したばかりの米スピリットを38億ドル(約4980億円)で買収すると発表。航空業界を驚かせた。スピリット株1株当たり33.50ドル(約4390円)で買い取る。

フロンティアとスピリットは2022年2月に約29億ドル(約3800億円)の買収で合意したが、同4月にジェットブルーも名乗りをあげた。スピリット経営陣は独占禁止法上の懸念からフロンティアによる買収に乗り気だったが、株主の理解を得られなかった。

ジェットブルーが9億ドル(約1180億円)も上乗せしてまでスピリットが欲しかったのは、パイロットの確保だったとの見方が根強い。いわゆる「人を買うM&A」だ。パイロットの頭数を揃えるには、航空会社の買収が手っ取り早い。

NEXT STORY

「GoToトラベル再開」で観光関連株値上がり、リスクは?

「GoToトラベル再開」で観光関連株値上がり、リスクは?

2021/10/12

岸田首相が「GoTo トラベル」の再開を約束し、観光関連株が急騰している。10月11日の取引開始直後に日本航空は前日終値比18円高の2535円、エイチ・アイ・エスは同50円高の2672円で寄り付いた。この株高はどこまで続くのか?リスクは?