日本メーカーがベンツの「低価格車の生産中止」を見習うべき理由

alt

「もう安いクルマは売りません!」独メルセデス・ベンツが低価格モデルの小型車「Aクラス」と「Bクラス」の生産販売を2025年に打ち切り、同価格帯の後継車種も投入しないと報じられた。独紙Handelsblattが伝えている。真偽のほどは定かではないが、信憑(しんぴょう)性はありそうだ。なぜなら低価格モデルを「作らない」のは、ベンツに限らずドイツ車の「お家芸」だからだ。

新モデル追加で既存モデルを値上げしていくドイツ車

例えば独フォルクスワーゲン(VW)の「ゴルフ」。1974年の登場時はVWの低価格モデルだったが、1975年に下位車の「ポロ」が登場。1998年に「ポロ」の下位車の「ルポ」、2011年には「ルポ」の下位車の「UP」が登場している。

VWは新規投入した下位車を「低価格モデル」と位置づけなかった。例えばトヨタ自動車は「カローラ」の下位車に「スターレット」や「ヤリス(旧ヴィッツ)」を発売した際に、車両価格を「カローラ」よりも低く設定した。

一方のVWは「ポロ」を、かつての「ゴルフ」と同価格帯で販売したのである。その一方で「ゴルフ」の新モデルは値上げした。「ルポ」はかつての「ポロ」、「ポロ」はかつての「ゴルフ」と同価格帯で販売し、「ゴルフ」は値上げ…という具合に次々と先代モデルを「上位車種」として値上げしたのである。

もちろんトヨタも「カローラ」の上位車種として「コロナ」や「マークⅡ」などを追加し、より高価格のモデルを展開した。他の日本車メーカーも、すべてこうした「ランクアップ戦略」を採用している。既存モデルを値上げしていくドイツ方式と、高額モデルを追加していく日本方式の違いだ。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

マツダ初のEVが「環境立州」の米カリフォルニアで大ゴケの理由

マツダ初のEVが「環境立州」の米カリフォルニアで大ゴケの理由

2022-07-15

マツダ初の電気自動車「MX-30 EV」の販売が振るわない。米EV情報サイト「INSIDE EVs」によると、同車の米国販売は2022年6月にわずか23台と振るわなかった。なぜ、マツダ初のEVはカリフォルニア州がある米国で売れないのか?