M&Aで拡大したクリレスとDD、勝敗を分けた経営戦略とは

alt
2019年に開発したDDの新業態「フタマタ」

ビジョンから落とし込まれた分散投資戦略

ベイサイドフードホール
6月三井アウトレットパーク横浜ベイサイドにオープンしたクリレスの「BAYSIDE FOOD HALL」(画像は決算説明資料より)

クリレスのグループビジョンに「グループ連邦経営」があります。グループ内の各企業が独自性を守りながら、それぞれの企業文化を守るというものです。これがクリレスの強みとなった分散投資に繋がる戦略を支えています。

牡蠣小屋、イクスピアリ、ゴルフ場のレストラン、銀座の老舗うどん店。どれもクリレスが買収した業態です。一貫性がないといえばそれまでですが、グループ連邦経営の網目を通して、業態への出資比率を調整しているとわかれば、見え方は変わってきます。

飲食企業は創業者の想いが強く、買収した企業を特異な文化の中に押し込もうとするきらいがあります。そのため、自社と似た業態を買収する傾向が強いのも確かです。企業文化を統一して競争意識を高め、売上を競い合う姿が浮かび上がります。しかし、時代は一変して売上追求型の店舗運営は終焉を迎えました。ポストコロナのキーワードの一つは、運営する業態を分散させて、見通しを立てやすい持続的な経営を実現することになるのかもしれません。

【クリエイト・レストランツ・ホールディングスの主なM&A】

子会社化した企業 業態
2007年 クリエイト吉祥 (株式会社吉祥との合弁会社) しゃぶしゃぶ・日本料理
2012年 ルモンデグルメ イタリアンレストラン
2013年 SFPダイニング 居酒屋
2014年 YUNARI つけめん
2015年 KRホールディングス しゃぶしゃぶ・日本料理
アールシー・ジャパン カフェ、レストラン
2018年 ルートナインジー シンガポールチキンライス
イクスピアリ フードコート
遊鶴 ごまそば
2019年 木屋フーズ うどん・そば
ジョー・スマイル 居酒屋
クルークダイニング から揚げ
いっちょう 和食
西洋フード・コンパスグループ ゴルフ場レストラン、給食


【DDホールディングスの主なM&A】

子会社化した企業 業態
2008年 サンプール 居酒屋
2010年 吉田卯三郎商店 酒類販売
2011年 バグース アミューズメントバー
2013年 フードスコープ 居酒屋
2014年 萩原商事 (事業譲渡 居酒屋
サンクス (事業譲渡 居酒屋
2015年 The Sailing 婚礼
2016年 一家ダイニングプロジェクト(資本提携) 居酒屋、婚礼
ゼットン ダイニングレストラン、婚礼
2017年 商業芸術 カフェ、食堂
エスエルディー カフェ、ダイニングレストラン
2019年 湘南レーベル カフェ、レストラン、ホテル

文:麦とホップ@ビールを飲む理由

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。 ブログはこちら 「ビールを飲む理由」 


NEXT STORY

ファミレスの「ロイヤル」が最高額 外食業界の2019年のM&A

ファミレスの「ロイヤル」が最高額 外食業界の2019年のM&A

2019/12/20

2019年(2019年1月1日-12月19日)の外食・フードサービス業界のM&Aは29件となり、2008年の26件を上回り2008年以降の12年間で最多となった。

関連のM&Aニュース