全国に「ラーメン山岡家」を展開する丸千代山岡家<3399>の株価が、12月11日に年初来高値となる2,145円をつけました。10月末の終値は1,709円。ここ1ヵ月半ほどで25%以上株価が上昇しています。

株価が急上昇している背景には、山岡家の好調な業績とそれに伴う配当予想の修正があります。2020年1月期第3四半期の営業利益は前年同期比23.4%増の4億200万円。配当予想を14円から16円に引き上げました。通期の営業利益予想4億5400万円は据え置きましたが、上方修正を見越した買いが先行しています。

しかし、丸千代山岡家のPERは20倍で、競合のハチバン<9950>の37.5倍や、力の源ホールディングス<3561>の30倍などと比べると、やや見劣りがします。その裏には山岡家が借入金に依存し、それを効率的に活用できていないことがありそうです。

この記事では、以下の情報が得られます。

・ラーメン企業の経営状態
・借入金依存度がわかる財務レバレッジ

借入金依存度が日高屋の3倍

ラーメン屋台
画像はイメージ(Photo by フリー素材.com)

「ラーメン山岡家」は全国で160店舗(2019年10月末時点)を展開しています。豚骨を煮込んだスープに極太の麺が特徴。いわゆる「家系ラーメン」とよく似ていますが、厳密には家系に分類されません。2020年1月期の売上予想は137億4900万円です。

丸千代山岡家の経営の特徴として、借入金依存度の高さが挙げられます。同社の財務レバレッジは3.8倍。適正値は2倍程度と言われています。ハイデイ日高屋<7611>は1.2倍。王将フードサービス<9936>は1.3倍です。

財務レバレッジは、「総資産/純資産×100」で表します。純資産が総資産に対して占める割合が小さいほど、財務レバレッジの値は大きくなります。すなわち、財務レバレッジが大きいほど借入金に依存していることがわかるのです。

借金をしていることは「悪」ではありません。企業を成長させるために先行投資をし、確実に投資回収できていれば良いのです。例えば、ソフトバンクグループ<9984>の財務レバレッジは4.7倍です。借入金を上手く活用できているかどうかがポイントです。