トップ > ビジネスと経済 > フードビジネス >ラーメン「幸楽苑」が不採算51店舗の大量閉鎖を決めたわけ

ラーメン「幸楽苑」が不採算51店舗の大量閉鎖を決めたわけ

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
幸楽苑道玄坂店

ロードサイド型ラーメン店に強みを持つ幸楽苑ホールディングス<7554>が、2019年12月から2020年4月までに51店舗を閉店します。店舗数の合計は2020年3月期第2四半期の段階で484。10%以上の店舗を5カ月という短期間で閉鎖することになります。

台風19号の影響で郡山工場は操業停止に追い込まれ、250店舗への食材供給が滞りました。また、フランチャイズ契約を結ぶ「いきなりステーキ」が急速な客離れを引き起こすなど、逆風が吹き荒れる幸楽苑...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY