ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「貨物新幹線構想」は復活するか? JR東日本が実験をスタート

alt
新幹線を使って鮮魚を高速輸送する実験がスタートする

JR東日本<9020>の子会社で、ベンチャーへの出資や協業を手がけるコーポレートベンチャーキャピタル(CVC) の JR東日本スタートアップ(東京都新宿区)が、水産物・青果卸小売業のフーディソン(同中央区)と提携し、2020年1月17日から、新幹線物流を活用した鮮魚販売の実験を始める。

水揚げされたばかりの鮮魚を新幹線で運ぶ

同3月27日まで毎週金曜日、11 回にわたって新潟港の朝市で競りにかけられた獲れたての鮮魚を上越新幹線で運び、その日のうちに品川駅構内の「sakana bacca エキュート品川店」で販売する。輸送に使うのは新潟駅10時17分発の「MAXとき316号」で、12時28分に東京駅に到着し、14時30分頃には当日水揚げされたエビやイシモチ、ハタハタ、ノドグロといった鮮魚が並ぶ。

新幹線で輸送した鮮魚を販売する「sakana bacca エキュート品川店」(同社ホームページより)

フーディソンはベンチャー企業などから駅や鉄道などを活用したビジネス・サービスの提案を募る、2017年度の「JR東日本スタートアッププログラム」で選ばれた企業の一つ。2018年に品川駅で鮮魚の事前予約と受け取りができる期間限定のポップアップショップを設置して、好評を得た。2019年4月にはJR東日本スタートアップと資本業務提携し、品川駅構内で「sakana bacca エキュート品川店」をオープンしている。

新幹線を利用した物流サービスは、JR東日本子会社のジェイアール東日本物流(同墨田区)が上越新幹線(東京ー新潟間)と東北新幹線(東京ー仙台間)で一部列車を使って「新幹線レールゴー・サービス」を提供している。が、運べるのは書類などの小荷物に限られる。鮮魚のような「貨物」を取り扱うのは極めて珍しい。

NEXT STORY

JR西日本が自社路線のない地域で「ICOCA」を普及する理由

JR西日本が自社路線のない地域で「ICOCA」を普及する理由

2019/10/06

西日本旅客鉄道(JR西日本)は子会社のJR西日本テクシアと共同で、同社が提供する交通系ICカード「ICOCA」のローカル私鉄やバスといった地域交通での利用促進に取り組む。しかも、自社路線が存在しない過疎地でだ。なぜJRが走らない地域なのか?