【ヤフー】M&Aで広げるネット経済圏 広告、通販、金融を柱にさらなる成長へ 

*1年以上前に公開。掲載情報は公開当時のもの。
alt
ヤフーはパソコンからのネット利用者数で国内トップ(画像はイメージです)

【株価】ベライゾンの米ヤフー買収問題に揺れる

 ヤフーの株価は2015年8月に一時570円を付けたが、その後、400~500円前後でのボックス圏の動きとなっている。

 この間、株価を押し下げる材料が2つあった。1つは2015年12月のアスクル買収の発表だ。約1000億円の買収費用を本当に回収できるのか不安が先行した。

 もう1つが2016年7月、米ベライゾンによる米ヤフーの買収計画が明らかになり、米ヤフーによる日本のヤフー株の保有状況に対する不透明感が浮上したこと。同じ時期にソフトバンクグループが英アーム社を3.3兆円で買収すると発表したことから、ソフトバンクによるヤフー株の追加取得の期待も後退。株価は2016年11月に一時400円を割り込む水準まで売られた。

 同年11月、米大統領選の結果を受けて株式相場が上昇に転じたことを追い風にヤフー株も持ち直しの動きが出ている。ただ米ヤフーの情報流出問題を受け、ベライゾンが買収計画の見直しを検討していると報じられており、今後も不安定な値動きとなる可能性がある。

【まとめ】買収額が大型化、のれんに注意

 ヤフーは、過去、数多くのM&Aを実施しているが、それぞれ、シナジー効果を実現する姿勢は、お手本のような企業といえる。また、近年まで自社と比較して比較的小規模のM&Aが多かったため、M&Aにより財務バランスが悪化するという事もなかった。ただ、2016年3月期においては、一休やアスクルといった企業を買収し、のれん等が多額に計上されている。これらの企業で期待されたシナジー効果が発揮できなかった場合、のれんの減損処理等により、ヤフーの業績に与える影響は大きい。

 また、今後、ヤフー自体の株主構成もポイントになる。ベライゾンの米ヤフー買収が実現したとして、直ちに、ヤフーの業績に与える影響はないという事であるが、ソフトバンクグループの動向含めて注視したい。


この記事は、企業の有価証券報告書などの開示資料、また新聞報道を基に、専門家の見解によってまとめたものです。

まとめ:M&A Online編集部

関連リンク
ベライゾン、ヤフー買収見直しか?
【時事】ヤフーのM&Aをめぐる追徴課税は何が問題なのか?

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

ベライゾン、ヤフー買収見直しか?

ベライゾン、ヤフー買収見直しか?

2016-11-26

​ベライゾンが米ヤフー買収にあたって買収見直しを検討している模様です。買収後に発覚した個人情報流出の件が原因のようです。

関連のM&A速報