ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「私的整理」に追い込まれた曙ブレーキ工業って、どんな会社?

alt

曙ブレーキ工業の沿革

出 来 事
1929 曙石綿工業所を創業、ウーブンブレーキライニング、クラッチフェーシングの製造開始
1936 曙石綿工業(株)に改組
1939 羽生製造所建設、稼働開始
1940 羽生製造所完成
1946 曙産業(株)に改称
1952 鉄道車両用耐摩レジンの生産開始
1957 株式公開、東京証券業協会の店頭売買承認銘柄となる
1958 国鉄新特急「こだま」にレジン制輪子、ディスクブレーキライニングが採用
1960 曙ブレーキ工業(株)に改称
  米国ベンディックス社とブレーキに関する技術援助契約を締結
1961 米国ベンディックス社とブレーキライニングに関する技術援助契約を締結
  東京証券取引所市場第二部に上場
1962 岩槻製造所(現・曙ブレーキ岩槻製造)建設、稼働開始 
1965 晝田工業(株)、三菱重工業(株)と共同出資で山陽ブレーキ工業(株)を設立(現・曙ブレーキ山陽製造)
1967 岩槻市元荒川沿いにテストコースが完成
1968 トヨタ自動車工業(株)、アイシン精機(株)、豊田鉄工(株)と共同出資で豊生ブレーキ工業(株)を設立
1969 米国ベンディックス社とアンチスキッド装置に関する契約を締結
1971 福島製造所(現・曙ブレーキ福島製造)建設、稼働開始 
  本社社屋竣工(東京都中央区日本橋)
1973 山陽ハイドリック工業(現・曙ブレーキ山陽製造)を設立 
1974 (株)日本制動安全研究所(現・曙ブレーキ中央技術研究所)を設立 
1976 三春製造所建設、稼働開始
1979 岩槻製造所、AD型ディスクブレーキの量産を開始
1980 米現地法人 Akebono America, Inc. を設立
1981 曙エンジニアリング(株)を設立
1982 AD型ディスクブレーキ「昭和56年度日本機械学会賞」受賞
1983 東京証券取引所市場第一部に上場
1984 (株)日本制動安全研究所を(株)曙ブレーキ中央技術研究所に改称
  英国オートモティブ・プロダクツ社へ技術供与
  フランス事務所 Akebono Europe Bureau Liaison(現・Akebono Europe S.A.S.) を設立 
1985 フランス現地法人 Akebono Europe S.A.R.L. (現・Akebono Europe S.A.S.)を設立
1986 曙ブレーキいわき製造(株)を設立、テストコースおよび工場造成工事に着工
  米国GM社との合弁会社 Ambrake Corporation(現・Akebono Brake, Elizabethtown Plant)を設立 
1987 日本独自の技術によるABS(アンチロックブレーキシステム)がメーカーに初採用
  フランスValeo社と摩擦材の技術援助契約を締結
  西ドイツ(当時)ボッシュ社とのABSに関する技術援助契約を締結
1988 Ambrake Corporation稼動開始
  テストコース「曙ブレーキ・プルービング・グラウンド」(現・Ai-Ring)完成(福島県いわき市)
1989 米国開発拠点 Akebono Brake Systems Engineering Center, Inc. を設立
1992 曙ブレーキ山形製造(株)を設立
1994 米国現地法人 Amak Brake L.L.C. を設立(現・Akebono Brake, Glasgow Plant)
  米国現地法人 Akebono Corporation(統括持株会社)を設立
1995 フランス研究開発拠点CREAを設立
1996 インドネシア PT. Tri Dharma Wisesa(現・PT. Akebono Brake Astra Indonesia)に資本参加 
  館林製造所建設、稼働開始
1997 自動車用ディスクブレーキにおいて全社でISO9001認証取得
1998 フランス生産拠点 Akebono Arras S.A. (現・Akebono Europe S.A.S.)を設立 
  米国内統括会社 Akebono Corporation North America(現・Akebono Brake Corporation)を設立 
  米国B.E.I. テクノロジーズ社と自動車用水晶式角速度センサーの独占販売契約締結
  フランス自動車部品工業会加盟
1999 三春製造所が ISO14001(環境管理システム)シリーズ認証をグループで初めて取得
  「曙の理念」を制定
  「akebono21世紀宣言」を制定
  本社開発棟「Akebono Creative Square(ACS)」竣工(埼玉県羽生市)
2000 アケボノテック(現・Ai-Ring)を設立
  (株)ネオストリートを設立
  ドイツ事務所を設立(現・Akebono Europe GmbH)
2001 福島製造所を分社化し、曙ブレーキ福島製造(株)を設立
  三春製造所を分社化し、曙ブレーキ三春製造(株)を設立
  米現地法人 Amtec Brake L.L.C を設立
  (株)曙マネジメントサービスを設立
  本社新社屋「Akebono Crystal Wing(ACW)」竣工(埼玉県羽生市)
2002 岩槻製造所を分社化し、曙ブレーキ岩槻製造(株)を設立
  研修センターとして「CATIセンター」オープン(埼玉県春日部市)
2003 シンガポール法人 Akebono Corporation Asiaを設立
  あけぼの123(株)を設立
2004 ドイツ現地法人 Akebono Europe GmbH を設立
  あけぼの123(株)が埼玉県の製造業として初めて特例子会社認定取得
  ブレーキ博物館「Ai-Museum」完成(埼玉県羽生市)
  中国現地法人 広州曙光制動器有限公司、曙光制動器(蘇州)有限公司を設立
2005 羽生製造所を分社化し、曙ブレーキ羽生製造(株)を設立
  (株)APSを設立
  山陽ブレーキ工業(株)と山陽ハイドリック工業(株)を統合し、曙ブレーキ山陽製造(株)を設立
  Ambrake Corporation(現・Akebono Brake, Elizabethtown Plant)を100%子会社化 
2006 英国現地法人 Akebono Advanced Engineering (UK) Ltd. を設立
  インドネシア現地法人 PT. Tri Dharma Wisesaの株式を追加取得し子会社化(現・PT. Akebono Brake Astra Indonesia)
  タイ現地法人 Akebono Brake (Thailand) Co., Ltd. を設立
2007 ベルギー現地法人 Akebono Brake Europe N.V. を設立
  F1に新規参戦、「ボーダフォン マクラーレン メルセデス」チームのオフィシャルサプライヤーになる
  曙ブレーキ産機鉄道部品販売(株)を設立
2008 中部オフィス「Akebono Central Pier(ACP)」竣工(愛知県豊田市)
  館林鋳造所稼働開始
  本店新社屋「Global Head Office」竣工(東京都中央区日本橋)
2009 Robert Bosch GmbHと北米ブレーキ事業に関する譲渡契約を締結
  Robert Bosch GmbHの北米ブレーキ事業を正式譲渡
2010 PT. Tri Dharma WisesaをPT. Akebono Brake Astra Indonesiaに改称
2011 AD型ディスクブレーキが「重要科学技術史資料登録台帳(未来技術遺産)」に登録
  ベトナム現地法人 Akebono Brake Astra Vietnam Co., Ltd. を設立
2012 Akebono Corporation(North America)をAkebono Brake Corporationに改称
  メキシコ現地法人 Akebono Brake Mexico S.A. de C.V. を設立
  テストコース「曙ブレーキ・プルービング・グラウンド」を「Ai-Ring」に改称(福島県いわき市)
  グローバル研修センター「Ai-Village」竣工(埼玉県羽生市)
2013 フランス現地法人 Akebono Engineering Center, Europe S.A.S. を設立
2014 マクラーレン メルセデスとの技術的パートナーシップ契約を強化
  (株)曙アドバンスドエンジニアリングを設立
  スロバキア現地法人 Akebono Brake Slovakia s.r.o. を設立
  曙ブレーキ山陽製造株式会社を100%子会社化
  タイに(株)真岡製作所との合弁会社 A&M Casting (Thailand) Co., Ltd.を設立
  シンガポール事務所を開設
2016 「市販ロードカー用高性能自動車ブレーキの開発と量産化」において「日本機械学会賞(技術)」を受賞
2017 欧州事業における連結子会社の再編(フランス・ドイツ・スロバキアの現地法人3社を本社が統括)
2018 (株)アケボノキッズケアを設立し、あけぼの保育園(Ai-Kids)を開園(埼玉県羽生市)

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【帝人】M&Aで素材メーカーから自動車部品メーカーへ「転身」

【帝人】M&Aで素材メーカーから自動車部品メーカーへ「転身」

2019/01/24

国内化学合繊大手の一角を占める帝人が、2017年からM&Aを積極的に展開している。ターゲットは自動車。自動車部品メーカーを次々に買収し、炭素繊維部品による車体の軽量化で完成車メーカーへ売り込みをかけている。「川下」を目指すM&Aが始まった。

関連のM&Aニュース