ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【希望退職者の募集】年明け後も拡大|“渦中”の東芝機械は300人募集

alt
4月に「芝浦機械」に社名変更を控える東芝機械の本社(静岡県沼津市)

オンワード、予定を60人上回る413人が応募

アパレル大手のオンワードホールディングスが1月7日~30日に実施した希望退職者の募集には413人の応募があった。退職日は2月29日。40歳以上で勤続3年以上の一般社員(販売職を除く)を対象に350人程度を募集したが、予定数を大きくオーバーした。

飲料大手のダイドーグループホールディングスでは1月10日〜24日、50歳代前半から60代前半を対象に50人程度募集したところ、35人が応募。退職日は3月20日。世代交代が狙いで、今後、20歳~40歳代の営業経験者を中心に100人規模の新規採用を計画している。

また、今年2月に募集することを発表(昨年11月)していたファミリーマートを巡っては、約800人の予定数に対し、応募が殺到したとの一部報道も出ている。会社側の正式な結果発表が待たれる。

◎希望退職者募集を発表した企業  ※HDはホールディングス

2月 東芝機械 200~300人規模(3月中旬~4月初旬)
1月 佐鳥電機 60人程度(3月16日~31日)
片倉工業 100人程度(3月9日~19日)
曙ブレーキ工業 200人(2月24日~3月9日)
リョーサン 80人程度(2月3日~14日)
ジオマテック 40人(2月3日~3月2日)
  <19年10月〜>   
12月 オンワードHD 350人程度(20年1月7日~30日)→413人
ダイドーグループHD 50人程度(20年1月10日~24日)→35人
三越伊勢丹HD 新潟三越伊勢丹(2020年3月閉店)で実施済み
11月 日本電波工業 約100人(11月25日~12月24日)→129人応募
オンキヨ― 約100人(12月12日~20日)→98人応募
ファミリーマート 約800人(20年2月に実施)
LIXILグループ 定めず(20年2月17日~28日)
ノーリツ 約600人(20年1月17日~31日)
味の素 100人程度(20年1月6日~3月13日)
ラピーヌ 40人程度(11月18日~27日)→31人応募
10月 サンデンHD 200人程度(10月25日~11月8日)→215人応募
スペースシャワーネットワーク 15人程度(12月2日~18日)→22人応募
〃  日立金属 2020年3月末退職で実施予定
FDK 250人程度(12月10日~17日)→183人応募

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【希望退職者募集】2019年は3倍増の36社、8000人を超える

【希望退職者募集】2019年は3倍増の36社、8000人を超える

2020/01/08

2019年中に希望(早期)退職者の募集を発表した上場企業は30社を突破した。M&A Online編集部が調べたところ、少なくとも34社に上り、前年のほぼ3倍に急増した。削減規模も8000人を超える。

関連のM&A速報