ローソンは沖縄県内のコンビニエンスストア事業をサンエーに譲渡することを決議した。同事業を新たに設立するローソン沖縄(沖縄県浦添市)に会社分割し、同社の株式51%を譲渡する。ローソンは沖縄県で直営1店、フランチャイズ店舗133店を運営しており、対象事業の直近売上高は219億円。沖縄県でスーパーなどを経営するサンエーと共同で経営することで、より地域に密着した展開を図る。譲渡価額は30億6000万円。譲渡予定日は2009年12月1日。