ローソンは、高知県を地盤とするサニーマート(高知市)からコンビニエンスストア事業の一部を取得することを決めた。同県内のエリアフランチャイズ事業を開始するための措置で、取得予定日は2015年2月1日。取得価額は非公表。

両社はフランチャイズ契約を締結し、高知県内のスリーエフ67店舗を順次ローソンに転換する。その後、2015年春をめどに共同新設分割により合弁会社「ローソン高知」を設立し、エリアフランチャイズ事業を展開する。合弁会社の出資比率はサニーマートが51%、ローソン49%。