ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「武田薬品」によるシャイアー買収 着々と進む手続き

alt

武田薬品工業<4502>はアイルランドの製薬会社シャイアー買収の申出に関して、中国国家市場監督管理総局から無条件の許可を得た。

シャイアー買収については2018年7月10日に米国連邦取引委員会から許可を取得しており、さらに同年8月28日にはブラジルの経済擁護行政委員会からも同様の許可を得ていた。

中国国家市場監督管理総局からの許可取得によってシャイアー買収の手続きがまた一歩進んだことになる。

シャイアー買収の2つの特徴とは

武田薬品によるシャイアー買収については、他の規制の許可をはじめいくつかのクリアすべき事項がある。まずは2018年10月-12月の間に武田薬品とシャイアーによるそれぞれの株主への通知書類の発送。

その後武田薬品の株主総会、英国の裁判所の指示に従って行うシャイアー株主の集会と同裁判所による認可などが必要になる。 

武田薬品によるシャイアーの買収には二つ特徴がある。一つは英国の法制度「スキーム・オブ・アレンジメント」。同制度はシャイアー株主の過半数、議決権の75%以上の賛成、裁判所の認可という条件を満たせば、反対する株主がいても100%の株式を取得できるというもの。 

もう一つは日本の「産業競争力強化法」の改正。2018年4月から自社株を対価とするM&Aを実施しやすいように、会社法の特例措置が講じられることになった。

これによって6兆8000億円という日本企業過去最高額のM&Aが可能になったわけで、武田薬品はシャイアーの株主に、シャイア-株式1株に対し30.33ドル(買収を発表した2018年5月8日時点で3305円)と武田薬品株0.839株(同3804円)を対価として支払う。

武田薬品のシャイアー買収にはまだいくつかのハードルがある。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

武田薬品のシャイアー買収は星を味方につけたか?|ビジネスパーソンのための占星術

武田薬品のシャイアー買収は星を味方につけたか?|ビジネスパーソンのための占星術

2018/09/09

2018年5月、アイルランドの大手製薬会社シャイアーを6兆8,000億円で買収した武田薬品工業。2014年~2015年に企業人生の転換期を迎えてのこの大型買収は、占星術的に見てアリか、ナシか。武田薬品の次の30年を柳川隆洸氏が読み解きます。

関連のM&Aニュース