ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

オリンピック準備局が採用 AOSリーガルテックのバーチャルデータルーム

alt
バーチャルデータルームのイメージ 同社ホームページより

AOSリーガルテック(東京都港区)のバーチャルデータルームが、東京オリンピック・パラリンピック準備局に採用された。

情報漏洩の防止に威力を発揮

バーチャルデータルームはM&Aのデュデリジェンス(詳細調査)などの際に、機密性の高いデータを保管する場所で、セキュリティー性が高いため情報の漏洩を防ぐことができる。

東京都オリンピック・パラリンピック準備局は、有明アリーナ管理運営事業者募集にかかわる業務でバーチャルデータルームを利用する。

AOSリーガルテックのバーチャルデータルームが、東京都オリンピック・パラリンピック準備局が求める要件を満たしていたことに加え、国内サーバーを利用していることから、受注につながった。

有明アリーナ管理運営事業者の募集で活用

東京都は有明アリーナの管理運営事業を、民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(PFI法)に基づく公共施設等運営事業として実施する。

この事業を実施する民間業者の募集のための業務で、セキュリティー性の高いバーチャルデータルームを採用することにした。

AOSリーガルテックのバーチャルデータルームはM&Aのほか、社外取締役との情報共有、弁護士事務所の事案情報共有など、機密性の高い情報のやりとりが求められる現場で利用が広がっている。

AOSリーガルテックの他の記事はこちら

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

AOSリーガルテック 佐々木隆仁社長に聞く MAOガールインタビュー(7)

AOSリーガルテック 佐々木隆仁社長に聞く MAOガールインタビュー(7)

2018/07/14

学生レポーターの山口萌さんが国産バーチャルデータルームを手がけるAOSリーガルテックの佐々木隆仁社長に同社サービスの特徴や将来計画などについて聞きました。バーチャルデータルームを活用すれば、働き方改革にもつながる利点があるそうです。