観光・ホテル・リゾートの記事一覧

「旅行氷河期」にエアトリが中間決算で過去最高益を記録した理由

「旅行氷河期」にエアトリが中間決算で過去最高益を記録した理由

旅行予約サイトのエアトリが2021年9月期中間決算で、過去最高の営業黒字を計上した。旅行業界は2020年春以降の新型コロナ感染症の拡大を受けた自粛ムードで厳しい環境にある。なぜエアトリは「旅行氷河期」にもかかわらず、最高益を実現できたのか?

記事を読む
「JTB」が祭りの復活を支援「HIS」「日本旅行」も社会貢献を推進

「JTB」が祭りの復活を支援「HIS」「日本旅行」も社会貢献を推進

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で厳しい経営環境下にある旅行会社が社会貢献でその存在感を示している。JTBが地域の祭りの復活を支援するほか、HISや日本旅行も食品ロスの削減や子ども食堂の支援を推進する。

記事を読む
ホステル・ホテル運営のTRASTAが倒産した理由

ホステル・ホテル運営のTRASTAが倒産した理由

インバウンド向け宿泊施設「STAY」を運営をしていたTRASTAが6月2日に東京地裁から破産開始決定を受けました。負債額は4億6600万円。TRASTAはインターアクションの子会社として設立され、一時はRobot Homeの持ち分法適用関連会社でした。

記事を読む
「ワクチン接種」ニューヨークツアーを開始「今すぐ打ちたい」ニーズに対応

「ワクチン接種」ニューヨークツアーを開始「今すぐ打ちたい」ニーズに対応

日本の旅行会社5社が、米国のツアー会社TRANS M.A.P.P. Incが主催する、米ニューヨークでワクチン接種を行うツアーの販売に乗り出した。今すぐワクチンを打ちたい人向けに販売する。

記事を読む
ワタベウェディング、「コルゲン」「キャベジン」で知られる興和の傘下で再建なるか?

ワタベウェディング、「コルゲン」「キャベジン」で知られる興和の傘下で再建なるか?

婚礼大手のワタベウェディングが興和(名古屋市)の傘下で再建を進めることが正式に決まった。興和といえば、CMでおなじみの「コルゲンコーワ」「キャベジンコーワ」で知られる。リゾート挙式で一時代を画したワタベとは異色の組み合わせだが、再建の道筋は?

記事を読む
ハワイに行きたい「海外旅行」需要を先取り「JTB」「JAL」が7月から

ハワイに行きたい「海外旅行」需要を先取り「JTB」「JAL」が7月から

海外旅行需要の回復を見込んで、新たな取り組みを展開する企業が現れてきた。JTB、JAL、ZIPAIR Tokyoの3社が7月から相次いで新サービスなどを投入する。

記事を読む
GWで万事休す!? のバス事業|人とものを「運ぶM&A」

GWで万事休す!? のバス事業|人とものを「運ぶM&A」

3度目の緊急事態宣言で苦境に立たされるバス事業。昨年のGWはほとんど稼働していない状態だったが、その悪夢は再来するのか? 乗合バスはともかく貸切りバス事業者は、稼働減はもちろん深刻な経営難にも陥っている。

記事を読む
東京・池之端「水月ホテル鷗外荘」 クラウドファンディングが拓く活路|産業遺産のM&A

東京・池之端「水月ホテル鷗外荘」 クラウドファンディングが拓く活路|産業遺産のM&A

明治期の文豪・森鷗外の旧邸が残る水月ホテル・鷗外荘。2020年5月末、新型コロナ感染症の影響もあって閉館したが、ホテル内に残る旧鷗外邸(鷗外荘)はクラウド・ファンディングに活路を見いだした。

記事を読む
安心、安全な「旅行プラン」需要を喚起できるか

安心、安全な「旅行プラン」需要を喚起できるか

新型コロナウイルスの新規感染者数が増加傾向にある中、旅行ニーズの取り込みに向けた動きが活発化してきた。近畿日本ツーリストコーポレートビジネスや日本旅行、JALなどがPCR検査サービスの提供を始めた。

記事を読む
帝国ホテル 新型コロナの影響で148億円の赤字 本館建て替えへ

帝国ホテル 新型コロナの影響で148億円の赤字 本館建て替えへ

帝国ホテルは3月25日、2021年3月期(連結)の当期純利益が148億円の赤字になりそうだと発表した。同時に、約2000億円から2500億円を投じ、三井不動産と共同で帝国ホテル東京の本館やタワー館などを建て替えることも発表した。

記事を読む
「日本旅行」「HIS」「JTB」が相次いで計画を変更 赤字脱却に全力

「日本旅行」「HIS」「JTB」が相次いで計画を変更 赤字脱却に全力

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、大打撃を被っている旅行会社が相次いで計画の変更に乗り出している。日本旅行が中期経営計画を見直し大幅な店舗削減策などを打ち出したほか、エイチ・アイ・エスは持ち株会社体制への移行を中止し、JTBも2021年4月から組織を再編する。

記事を読む
雅叙園、メルパルクも続々債務超過転落、ワタベウェディングは売却に動くか

雅叙園、メルパルクも続々債務超過転落、ワタベウェディングは売却に動くか

海外ウエディングで一世を風靡し、婚礼で一時代を築いたワタベウェディングが最大の危機を迎えています。子会社の目黒雅叙園、メルパルクも債務超過に転落しました。海外への比重が高かったワタベウェディングの業績が回復するのは、他のブライダル企業と比較して時間がかかる可能性があります。長年重荷となっていた、メルパルクの売却が視野に入っているかもしれません。

記事を読む
旅行ガイド「まっぷる」の昭文社HDが赤字拡大 コロナの影響で

旅行ガイド「まっぷる」の昭文社HDが赤字拡大 コロナの影響で

旅行ガイドマップ「まっぷる」や地図を発刊している昭文社ホールディングスが2月5日、2020年4-12月(連結)の純利益が8億700万円の赤字だったと発表した。また、新型コロナの影響で発売を延期していた新規の海外旅行ガイド本も廃棄する。

記事を読む
GoToトラベルはホテル・旅館にどれだけ貢献したのか

GoToトラベルはホテル・旅館にどれだけ貢献したのか

観光庁はGoTo トラベルの支援額が少なくとも4,842億円だったと発表しました。利用人泊数は8,282万泊、旅行代金の割引は3,831億円です。ホテル・旅館への影響はどの程度あったのか、星野リゾート、大江戸温泉、ジャパン・ホテルリートをもとに調べました。

記事を読む
引退後も利益を享受し会社を操った、ひらまつ創業者の影の支配力

引退後も利益を享受し会社を操った、ひらまつ創業者の影の支配力

アドバンテッジと提携したひらまつが創業者との軋轢に苦心しています。平松博利氏は業務委託報酬など12億4,500万円を支払うよう提訴。それに徹底抗戦する現経営陣は、平松氏が引退後も会社を私物化しようとした実態を明らかにしました。

記事を読む
「JTB」手伝いをしながらの旅行で地方の人手不足を解消

「JTB」手伝いをしながらの旅行で地方の人手不足を解消

大手旅行会社のJTB系のJTB協定旅館ホテル連盟が、働きながら地域の魅力を体験するという新しい旅行需要の創出に乗り出した。新しい旅行需要の創出によって地方の人手不足を解消するのが狙いだ。

記事を読む
名門「椿山荘」の藤田観光が従業員700名削減の大リストラへ

名門「椿山荘」の藤田観光が従業員700名削減の大リストラへ

ワシントンホテルや椿山荘を運営する藤田観光が、700名の人員削減策に乗り出します。2020年12月期第3四半期売上高は前期比64.6%減の176億9,900万円に留まり、純損失171億5,100万円を計上しました。ホテル事業が甚大な被害を受けています。

記事を読む
ロイヤルホストは今期280億円の赤字、リッチモンドが重荷に

ロイヤルホストは今期280億円の赤字、リッチモンドが重荷に

「ロイヤルホスト」を運営するロイヤルホールディングスが、今期280億円の純損失を計上する見込みとなりました。第3四半期で180億円の純損失を計上したロイヤルは、次の四半期で100億円もの赤字を出すことになります。苦戦の背景にはホテル事業があります。

記事を読む
「JTB」「HIS」「KNT-CT」旅行大手3社の通期業績見通しはいずれも赤字に転落

「JTB」「HIS」「KNT-CT」旅行大手3社の通期業績見通しはいずれも赤字に転落

JTBは2021年3月期に経常損益が1000億円の赤字に転落することを公表。これによりJTB、HIS、KNT-CTホールディングスの旅行大手3社がそろって経常赤字に転落することになった。

記事を読む
「GoToトラベル」も空港には届かず…店舗撤退が止まらない

「GoToトラベル」も空港には届かず…店舗撤退が止まらない

空港ターミナル内で営業する物販店や飲食店の撤退が相次いでいる。国の「GoToトラベル」で観光客は増えてきたが、本格的な回復は当分先との見方が広がっており、撤退の動きは止まりそうにない。ショップの撤退は空港運営にも深刻な問題をもたらす。

記事を読む
ホテルニューグランド 西洋の「おもてなし」を紡ぐ|産業遺産のM&A

ホテルニューグランド 西洋の「おもてなし」を紡ぐ|産業遺産のM&A

1923年9月、日本を関東大震災が襲った。横浜はその震源地だった。震災から約4年後の1927年に誕生したホテルニューグランドは横浜復興のシンボルであり、その佇まいは明治期のグランドホテルそのもの。横浜市民は復興の希望をそのホテルに託した。

記事を読む
「HIS」はそば屋を全国展開 「JTB」はパナソニックとコラボ コロナ禍で模索続く旅行会社

「HIS」はそば屋を全国展開 「JTB」はパナソニックとコラボ コロナ禍で模索続く旅行会社

新型コロナウイルスの影響で厳しい経営環境に晒されている旅行会社が業績回復に向けあの手この手の施策を打ち出している。旅行会社がこれまで培ってきたノウハウやアイデアが勝負の分かれ目となりそうだ。

記事を読む
HISの攻勢が止まらない 今度は「お墓」ビジネスに参入

HISの攻勢が止まらない 今度は「お墓」ビジネスに参入

HISは墓参りや墓掃除を代行する墓事業を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で帰国できない海外在住の日本人や、東京などに住み里帰りを自粛している人に代わって墓参りや墓掃除を行う。

記事を読む
GoTo対象のPCR検査付き旅行商品に増加気配「JAL」「ディズニー公認ホテル」が投入

GoTo対象のPCR検査付き旅行商品に増加気配「JAL」「ディズニー公認ホテル」が投入

新型コロナウイルス感染の陰性、陽性を判断するPCR検査付きの旅行商品を投入する企業が現れてきた。JALとホテルオークラ東京ベイがそれ。今後追随する旅行関連企業が増えそうだ。

記事を読む
「コロナ不況」にもかかわらず希望退職に申し込みが殺到する理由

「コロナ不況」にもかかわらず希望退職に申し込みが殺到する理由

新型コロナ禍に伴う景気低迷で、希望退職の募集が相次いでいる。景気が悪くなれば企業が希望退職を募るのは当たり前だが、事前想定を大きく上回る応募者が殺到する事例が目立つ。かつては従業員を震え上がらせた希望退職に、なぜ応募が殺到するのだろうか?

記事を読む