M&A速報

ディー・エヌ・エー<2432>、プロ野球の横浜ベイスターズを子会社化

2011/11/04

ディー・エヌ・エーは、プロ野球の横浜ベイスターズ(横浜市。売上高78億2000万円、営業利益△2000万円、純資産8億3400万円)の株式66.92%を、東京放送ホールディングスと傘下のBS-TBS(東京都港区)から取得し子会社化することを決議した。

ディー・エヌ・エーは携帯電話向けソーシャルゲームサイト「Mobage(モバゲー)」を運営しており、同サービスを通じて若い世代の野球ファン層の創出を図る。また、本拠地である横浜スタジアムとも連携して地域密着型の球団運営をすることにより、自社のブランド価値と知名度の向上を目指す。球団名は「横浜DeNAベイスターズ」に変更する予定。

株式取得価額は65億円。球団取得の資金総額はこれに日本プロフェッショナル野球組織(NPB)への保証金30億円を加えた95億円となる。NPBの実行委員会とオーナー会議での承認後に株式取得を実施する。取得予定日は未定。

追記事項

2011/12/02

横浜ベイスターズの株式66.92%の取得が2日付で完了した。

M&Aデータベース

関連の記事

【7月M&Aサマリー】62件、3カ月連続で前年を下回る|金額も振るわず

【7月M&Aサマリー】62件、3カ月連続で前年を下回る|金額も振るわず

2021/08/03

2021年7月のM&A件数は前年同月比8件減の62件となり、3カ月連続で前年を下回った。取引金額は国内、海外ともに大型案件が乏しく、前年同月比38%減の488億円。1000億円を割り込んだのは今年初めてで、7月としても過去10年で最低に。

【10月の社名変更】TBS・タメニー・日本酸素…近年最多の18社

【10月の社名変更】TBS・タメニー・日本酸素…近年最多の18社

2020/09/24

「コロナ」下、2020年度もいよいよ後半戦に突入する。10月をもって社名変更する上場企業は近年で最も多い18社を数える。その顔ぶれや新社名に込められた思いは?

【M&A判例】楽天子会社によるTBSへの会計帳簿閲覧請求権

【M&A判例】楽天子会社によるTBSへの会計帳簿閲覧請求権

2020/07/21

かつて楽天がTBSに対し敵対的買収を仕掛けた際、楽天子会社が株主としてTBS側に会計帳簿の閲覧を求めました。今回はこの会計帳簿閲覧請求権に関する一連の裁判の経緯と判決内容をわかりやすく解説します。

ソフトバンクG・日産・日本製鉄…巨額赤字が続出した3月期決算

ソフトバンクG・日産・日本製鉄…巨額赤字が続出した3月期決算

2020/06/11

上場企業の3月期決算は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、業績に急ブレーキがかかった。そうした中、目立つのが巨額赤字への転落だ。ソフトバンクグループの9615億円を筆頭に、日産自動車、日本製鉄など1000億円を超える最終赤字は7社に及ぶ。

【M&A判例】楽天によるTBS買収と株式買取請求権事件とは

【M&A判例】楽天によるTBS買収と株式買取請求権事件とは

2020/04/23

かつて楽天がTBSの買収を目論み、失敗に終わったことを覚えている方も多いと思います。今回のM&A判例解説は「楽天対TBSの株式買取請求事件」を取り上げます。

DeNAにみるメルカリ・スマホ決済サービスの「出口戦略」とは

DeNAにみるメルカリ・スマホ決済サービスの「出口戦略」とは

2020/02/08

スマートフォン決済サービスで「PayPay」と「LINE Pay」の2強がソフトバンクグループ子会社のZホールディングスとLINEの経営統合で合流することになった。一方、同サービスで競合するメルカリの「メルペイ」は赤字が続く。その出口戦略は

日本発のテックカンパニーが考える「AI人材」とは

日本発のテックカンパニーが考える「AI人材」とは

2019/07/22

日本発のテックカンパニーは、どのような人工知能(AI)人材を求めているのか?2019年7月18日、東京・六本木のメルカリ本社で同社やDeNA、ABEJA、経済産業省から関係者が集まり、AI開発の人材育成について報告と問題提起があった。

【2019年上期M&A】企業別で最多は4件の「SHIFT」

【2019年上期M&A】企業別で最多は4件の「SHIFT」

2019/07/10

2019年上期(1~6月)の企業別のM&A件数はソフトウエアのテスト事業を主力とするSHIFTが4件で最多だった。3件はテレビCM制作最大手のAOI TYO Holdings、アパレルのワールドなど10社を数える。2件だと38社に上った。

【エボラブルアジア】M&Aで長い下積みからの「脱出」に成功

【エボラブルアジア】M&Aで長い下積みからの「脱出」に成功

2019/06/27

エボラブルアジアはインターネットを介した旅行事業を手がけるオンライン旅行会社(OTA)。2007年創業のベンチャーだが2018年9月期の年商は831億円と、OTAではじゃらんや楽天トラベルと肩を並べる大手に育った。急成長の原動力はM&Aだ。

DeNAがAIを活用した「交通事故削減サービス」を開始

DeNAがAIを活用した「交通事故削減サービス」を開始

2019/06/04

DeNAは2019年6月4日、AIとIoT(モノのインターネット)を活用した交通事故削減支援サービス「DRIVE CHART」を提供すると発表した。当面はタクシー、トラック、法人車両などの商用車向けに提供、次のステップとしてバスに提供する。

DeNAはAIで世界をどう変えようとしているのか? 

DeNAはAIで世界をどう変えようとしているのか? 

2019/05/21

DeNAがAIに大きく舵を切った。プロ野球のチーム強化や石炭火力発電所の燃料運用最適化、次世代タクシー配⾞アプリ援など、AIを利用したソリューション提供を進めているが、テーマはバラバラ。DeNAはAIを使って何をしたいのか?責任者に聞いた。

【19年1~3月期M&Aサマリー】3四半期連続の200件超えは過去10年で初めて

【19年1~3月期M&Aサマリー】3四半期連続の200件超えは過去10年で初めて

2019/04/10

2019年第1四半期(1~3月期)のM&Aは前年同期比49件増の221件で、18年7~9月期から3四半期連続で200件を超えた。200件超えが3四半期続くのは過去10年で初めて。また、第1四半期としては09年の255件以来の高水準となった。

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

2018/01/25

旧村上ファンド勢力が日本の証券市場を再び震撼させている。「もの言う株主」として企業に大胆な提案を突きつけて最大限の利益を引き出す彼らを、人は「株主権利の守護者」とも「ハゲタカ」とも呼ぶ。その評価はさておき、彼らの「ビジネス」は成功するのか?

失敗、大どんでん返し、爆買い…「なんでもアリ」の大混戦 企業買収で振り返るケータイ業界

失敗、大どんでん返し、爆買い…「なんでもアリ」の大混戦 企業買収で振り返るケータイ業界

2017/12/25

2017年も企業の合併・買収(M&A)の嵐が吹き荒れた携帯電話業界。主要企業は皆「わが道を行く」ようで…。

経営学者・石倉洋子がセレクト 「自らのリーダーシップをデザインする」本

経営学者・石倉洋子がセレクト 「自らのリーダーシップをデザインする」本

2017/10/21

ハイブリッド型総合書店「honto(ホント)」で好評の「ブックツリー」は、本の専門家たちが独自の切り口で自由におすすめの本を紹介する企画。その数あるブックツリーの中から、ビジネスパーソン向けのものを編集部が厳選! 今回は、経営学者・石倉洋子がリーダーシップをテーマにセレクトした本を紹介する。

「上場企業2,172社の平均年間給与」調査 2017年3月期決算

「上場企業2,172社の平均年間給与」調査 2017年3月期決算

2017/07/29

2017年3月期決算の上場企業2,172社の平均年間給与は628万1,000円(中央値610万円)で、前年より4万1,000円(0.6%増)増えた。業種別トップは建設業で唯一の700万円台。平均年間給与1,000万円以上は47社だった。

【意外な子会社】旧ソニプラ、TBSとJフロントが買収(2008年、2011年)

【意外な子会社】旧ソニプラ、TBSとJフロントが買収(2008年、2011年)

2017/05/28

TBSがソニープラザを買収した当時「テレビ局が小売業を買収?」と話題となった。現在、旧ソニプラの持株会社であるスタイリングライフ・ホールディングスは、TBSとGINZA SIXの開業で好調なJ.フロントリテイリングが共同経営している。

旅行業界でM&Aが活発化 「オンライン」「旅ナカ」に熱視線

旅行業界でM&Aが活発化 「オンライン」「旅ナカ」に熱視線

2016/11/13

旅行業界でM&Aで活発化しています。「OTA」と呼ばれるオンライン専門の旅行会社が台頭し、実店舗を持つ大手旅行会社は苦戦を強いられています。打開策として大手旅行会社が熱い視線を送るのが、旅行中の観光やレジャー体験を取り扱う「旅ナカ」分野。各社は専門のベンチャー企業に出資や買収をして競争力の強化を急いでいます。

【ディー・エヌ・エー(DeNA)】ゲーム会社から総合IT企業へ。M&Aを活用した変遷をひもとく

【ディー・エヌ・エー(DeNA)】ゲーム会社から総合IT企業へ。M&Aを活用した変遷をひもとく

2016/01/25

2016年1月、横浜DeNAベイスターズを通じて横浜スタジアムの株式を74億円にて買収したディー・エヌ・エー。国内事業強化の一方で、海外進出にもM&Aを活用しているディー・エヌ・エーの変遷をひもとく。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5