ディー・エヌ・エー(東京都)の子会社である横浜DeNAベイスターズ(神奈川県、所有割合97.69%)は、横浜スタジアム(神奈川県、所有割合5.75%)を連結子会社化するため、同社の株式を公開買付けにより取得することを決議した。

ディー・エヌ・エーは、横浜スタジアムの連結子会社化により横浜スタジアムの営業手法・ノウハウおよび球場運営の知見・ノウハウをより一層融合することができ、その結果広告看板における新規広告媒体の開発及びマーケティング力向上により販売力の強化を図ることができ、シナジーによる新たな利益の獲得等のメリットがあるとしている。

公開買付の買付価格は1株あたり1,500円。

本公開買付け等は、現金にて行われる。買付予定数は6,560,000株、下限は3,080,001株、上限は設定されていない。

買付予定価額は約98億円。

買付期間は平成27年11月24日から平成28年1月20日。予定数買付け後における株式所有割合は100%。

なお、ディー・エヌ・エーは、本公開買付けにより、横浜スタジアムを完全子会社化することは、企図していない。