menu
Social media

ビジネス

【専門家に聞く】介護業界のM&A最新事情(5)

Cover 48ea16b9 1ce4 4b42 ac76 00c41a801a15
株式会社高齢者住宅新聞社 代表取締役社長 網谷 敏数氏

昨年にフランスを視察、在宅医療の関係者にヒアリングし、日本の医療・介護業界と似たような問題を抱えていることに気付かされたという。高齢者住宅新聞社の網谷敏数社長に伺う、連載最終回。前回の記事はこちら

ゆっくり高齢化が進む欧米と急激に進んだ日本が取るべき道とは?

 近年、同業同士や異業種によるM&Aが加速している介護業界。介護報酬のマイナス改定などが経営に響き、売却を選択する事業者が少なくないという。そんな業界の経営をめぐる最新の動向、M&Aの実態について、『高齢者住宅新聞社』の網谷敏数社長に伺ってみた。

――昨年(2015年)、フランスに視察に行かれたと聞いています。諸外国と比較して、日本の医療や介護・高齢者住宅の特徴はどのようなものでしょうか。

 毎年ヨーロッパを中心に視察に行っています。15年はフランスで在宅ケアを見てきました。在宅医療の関係者にヒアリングし、現場にも足を運んだのですが、フランスも日本と似たような問題を抱えていることに気付かされました。

 医療費、社会保障費が少子高齢化のために膨らんでいるのは言うまでもありません。日本はこの20年で急速に高齢化が進み、一気に諸外国を抜き、世界でも類を見ない高齢社会になりましたが、欧州は日本が高齢化になるよりもはるか以前から、ゆっくりと、しかし確実に高齢化への道を辿ってきました。

 一般的に65歳以上の人口が全人口に占める割合を高齢化率と呼び、7~14%が「高齢化社会」、14~21%は「高齢社会」、21%以上を「超高齢社会」と分類します。フランスは高齢化から高齢社会への移行は日本より時期的に早いのですが、それでも数十年はかかっています。ところが日本は高齢化から超高齢までごぼう抜き、あまりにもスピードが速くて追いつけないのが現状です。むしろそのような急激な変化に対して、短期間で介護保険の制度をつくり上げ、よくやっていると感じます。

 イギリスはフランスともども高騰する社会保障費の財源に困っていて、両国とも病院ではなく自宅でケアしようという発想が生まれています。現地で見たのは、人生の最期を病院ではなく自宅で迎えられるよう介護や医療に関わる人が努力している姿でした。

 フランス訪問看護師が中心となり環境づくりを推進しており、在宅で入院環境と同じサービスを提供する「在宅入院連盟」という組織があるのも印象的でした。こうした組織がフランス全土で300ほどあり、今後、倍増を検討しているそうです。対して日本は病院で最期を迎える人が多く、それが医療費の高騰を招いています。この点は、深く考えさせられました。

特集取材記事

NEXT STORY

【業界最前線ブログ】「介護・医療の現場」(2)-MTPC代表 酒詰和幸氏

【業界最前線ブログ】「介護・医療の現場」(2)-MTPC代表 酒詰和幸氏

訪問看護ステーションのM&Aのニーズは高まっているなか、「いくらで売れるの?」と問い合わせが来る場合もある。シリーズ第2回目は、「売却」について。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344