ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【今週のピックアップ】話題のゲーム業界のM&A

alt
※画像はイメージです

ゲームの中での体験をリアル世界に持ってきたことで話題になったポケモンGO。米Google内ベンチャーから独立したナイアンティックが、任天堂の持分法適用関連会社であるポケモンの開発運営協力のもと開発・配信したものである。また、リオオリンピック閉会式で行われたTOKYO SHOWで、安部晋三首相がスーパーマリオに扮したことも話題となり、今、ソーシャルアプリやベンチャー企業、ゲーム関連会社への関心が高まっている。今回は、話題のゲーム業界のM&Aをご紹介する。

【ゲーム関連コンテンツを読む】

【M&Aインサイト】任天堂の企業力分析

【現場の声】総合情報サイト「All About」トップが語る。ゲーム会社のM&Aの狙いや経緯について

【ミクシィ】潤沢な軍資金が向かう先は?

【ソニー】多くの革新的製品を生み出した名門のM&A手法とは

【ディー・エヌ・エー】ゲーム会社から総合IT企業へ。M&Aを活用した変遷をひもとく

【グリー】非ゲーム事業でM&Aも、巻き返しなるか

【ソフトバンク】M&Aの名手はどのように変革を遂げたのか

【カドカワ】老舗企業の再成長を賭けたM&Aとは?

【ゲーム関連ニュースを読む】

アドアーズ<4712>、グリー<3632>とバーチャルリアリティ関連事業で業務提携

任天堂<7974>、任天堂ゲーム機卸事業商社を連結子会社化、及びビデオゲーム卸事業を譲受け

メディア工房<3815>、ソーシャルゲームのセカンダリー事業等を譲り受け

グリー<3632>、米国モバイルゲーム開発・運営子会社の一部の事業を承継後、譲渡

アクセルマーク<3624>、コンテンツ事業をコンテンツ・ゲーム制作会社へ譲渡

グリー<3632>、子会社の既存2タイトル運営事業をマイネット<3928>へ譲渡

まとめ:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【企業力分析】任天堂 営業効率・生産効率が急落の10年

【企業力分析】任天堂 営業効率・生産効率が急落の10年

2016/08/31

今回は、ポケモンGOで話題になっている任天堂を分析した。外を歩かなければならないゲーム性などで、ゲームの不健康なひきこもりイメージを打破したスマホゲーム、ポケモンGO。これほど一気に広まったスマホゲームはないと言われている。コダックと聞いて、ポケモンを思い出す人も写真フィルムを思い出す人もどちらにも分かりやすく分析してみた。

関連のM&Aニュース