ゲームの中での体験をリアル世界に持ってきたことで話題になったポケモンGO。米Google内ベンチャーから独立したナイアンティックが、任天堂の持分法適用関連会社であるポケモンの開発運営協力のもと開発・配信したものである。また、リオオリンピック閉会式で行われたTOKYO SHOWで、安部晋三首相がスーパーマリオに扮したことも話題となり、今、ソーシャルアプリやベンチャー企業、ゲーム関連会社への関心が高まっている。今回は、話題のゲーム業界のM&Aをご紹介する。

【ゲーム関連コンテンツを読む】

【M&Aインサイト】任天堂の企業力分析

【現場の声】総合情報サイト「All About」トップが語る。ゲーム会社のM&Aの狙いや経緯について

【ミクシィ】潤沢な軍資金が向かう先は?

【ソニー】多くの革新的製品を生み出した名門のM&A手法とは

【ディー・エヌ・エー】ゲーム会社から総合IT企業へ。M&Aを活用した変遷をひもとく

【グリー】非ゲーム事業でM&Aも、巻き返しなるか

【ソフトバンク】M&Aの名手はどのように変革を遂げたのか

【カドカワ】老舗企業の再成長を賭けたM&Aとは?

【ゲーム関連ニュースを読む】

アドアーズ<4712>、グリー<3632>とバーチャルリアリティ関連事業で業務提携

任天堂<7974>、任天堂ゲーム機卸事業商社を連結子会社化、及びビデオゲーム卸事業を譲受け

メディア工房<3815>、ソーシャルゲームのセカンダリー事業等を譲り受け

グリー<3632>、米国モバイルゲーム開発・運営子会社の一部の事業を承継後、譲渡

アクセルマーク<3624>、コンテンツ事業をコンテンツ・ゲーム制作会社へ譲渡

グリー<3632>、子会社の既存2タイトル運営事業をマイネット<3928>へ譲渡

まとめ:M&A Online編集部