ソフトバンク<9984>とヤフー<4689>は携帯電話を使ったキャッシュレス決済サービスPayPayで大勝負に出た。12月4日からPayPayで支払いをすると、支払額の20%がPayPayボーナスで還元され、40回に1回の確率で支払額の全額がPayPayボーナスで還元される「100億円あげちゃうキャンペーン」を打ち出したのだ。

PayPay利用者が急増 サービスが利用できない状態も

20%を還元するキャンペーンは月額5万円相当、全額還元キャンペーンは一度の決済で10万円相当のPayPayボーナスを上限として還元する。利用できるのはコンビニのファミリーマート約1万7000店のほか魚民などの飲食店や、ビッグカメラなどの家電量販店などまだ70社ほどだが、利用者は急増中だ。

利用者増加の影響でキャンペーン開始日の12月4日は12時45分頃から13時56分頃までPayPayサービスがつながりにくい状態になり、さらに18時14分頃から18時31分頃までPayPayサービスがご利用できない状態になった。

その後も12月6日17時45分頃から18時25分頃までPayPayサービスがつながりにくい状態となったほか、12月7日深夜の3時から4時までサービスを停止しメンテナンスを実施。12月8日17時10分から17時25分までの間もメンテナンスのため、サービスを中断した。

キャンペーンは2019年3月31日まで実施する予定だが、還元金額が100億円に達した時点でキャンペーンを終了するとしており、いつまで還元が受けられるか分からないという状況も、利用者の増加に拍車をかけているようだ。

政府がキャッシュレス化を後押し

日本は韓国や中国、欧米諸国と比べてキャッシュレス化が遅れているため、日本政府がキャッシュレス化を後押ししており、多くの企業がキャッシュレス決済サービスに乗り出してきた。

LINE<3938>や楽天<4755>もそうした企業の一つ。いずれも決済方法はほぼ同じで、店が提示するQRコードをスマホで読み取るか、スマホに表示するバーコードやQRコードを店に読み取ってもらうことで支払いができる。では先行するLINEや楽天の作戦はどのようなものなのか。