ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

宇都宮、熊本パルコ閉館! ブランド集客戦略は終焉を迎えたか

alt

桜町再開発プロジェクト
熊本に誕生する新施設:熊本桜町再開発株式会社より

延床面積16万平方メートルの巨大施設に尻込みか

熊本パルコは1986年、長崎屋の跡地に開業しました。鶴屋百貨店本店などが並ぶ繁華街の一角にあり、街の顔として機能していました。

同店の2005年2月期のテナント収益は67億9300万円。2017年度は49億8900万円でした。今回の閉店により、10億円の損失を計上する予定です。

建物が古くなり、契約更新時期を迎えて撤退を決めたパルコ。しかし、最も大きな要因は、桜町再開発プロジェクトの大型施設がオープンするためと考えられます。

2019年秋に開業する施設は、延べ床面積が16万平方メートルにも及ぶ巨大なもの。九州産交HDと九州産交ランドマークなどが755億円もの投資をし、地方都市では異例ともいえる大型事業を立ち上げました。

店舗数は150。シネコン、ホテル、劇場、バスターミナルなどを抱える施設です。この巨艦を前にして、パルコの経営判断は「撤退」でした。

かつて、パルコは西武百貨店を中核としたセゾングループの一つでした。元会長の増田通二氏はパルコを独自路線に育て上げ、セゾングループに埋もれない唯一無二のブランドを確立しました。劇場や出版社を立ち上げ、若者を刺激する仕掛けを作りました。その”尖った”スタイルが、多くの若者を惹きつけました。

とうとうそのブランド力も薄れてきているようです。

同社は新たに「ゼロゲート」という、都市部の小型店舗を開発。渋谷、原宿などに投入しています。多額な費用をかけてブランド力を磨くよりも、エリアを見極めて細かく出店する戦略へと舵を切りました。

麦とホップ@ビールを飲む理由

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。

NEXT STORY

2012年第3四半期TOBプレミアム分析レポート

関連のM&A速報