M&A速報

イオンディライト<9787>、白青舎<9736>をTOBにより完全子会社化

2015/10/27

イオンディライトは、白青舎を完全子会社化すると発表した。現在間接的に5.58%を所有しているが、TOB(株式公開買い付け)を実施し全株式の取得を目指す。筆頭株主である大丸松坂屋百貨店は所有する25.36%についてTOBに応募することで合意している。白青舎は上場廃止となる予定。

イオンディライトは白青舎の子会社化により、営業力やコスト競争力の強化に加えバックオフィスの効率化などの面で相乗効果を見込む。

買付価格は1株あたり800円で、公表前営業日の終値332円に対して140.96%のプレミアムを加えた。買付予定数は761万9207株で、下限は359万3000株。上限は設定されていない。買付価額は最大で60億9000万円。買付期間は10月28日から12月10日まで。決済の開始日は12月17日。

関連の記事

「大丸松坂屋カード」を一新、今後の成長戦略は?  JFRカード・二之部守社長に聞く

「大丸松坂屋カード」を一新、今後の成長戦略は? JFRカード・二之部守社長に聞く

2021/09/06

J.フロントリテイリング傘下で、大丸松坂屋カードを取り扱うJFRカード(大阪府高槻市)が攻勢を強めている。今年1月にカードのデザインを全面的にリニューアルし、「QIRA(キラ)」と名づけたポイントプログラムを導入するなど、新機軸を矢継ぎ早に打ち出している。百貨店事業の構造変革やポスト・コロナを見据え、事業戦略をどう進めるのか、二之部守社長に聞いた。

JR東日本は「救世主」になれるか。業績悪化の千趣会とコラボ 

JR東日本は「救世主」になれるか。業績悪化の千趣会とコラボ 

2020/10/08

東日本旅客鉄道(JR東日本)は、20億円を投じて千趣会の10.98%(議決権比率12.46%)の株式を取得する。両社のEC(電子商取引)事業や会員基盤の強化に取り組むのが狙いだ。

浅草・錦糸町の娯楽・歓楽を縁の下で支えるのは・・・

浅草・錦糸町の娯楽・歓楽を縁の下で支えるのは・・・

2020/01/03

2019年3月、JR「錦糸町」駅前に、J.フロント リテイリング系の「錦糸町PARCO」がオープンした。その入居ビル名が「楽天地ビル」。その楽天地ビルの賃貸事業を行っているのは株式会社東京楽天地。果たして、どのような親子関係にあるのか。

意外な子会社 八重洲地下街|東京駅前を占める「大阪」

意外な子会社 八重洲地下街|東京駅前を占める「大阪」

2019/09/24

東京駅の西側に「三菱村」があり、東側には「三井村」がある。では、現在は再開発事業が急ピッチで進む八重洲界隈、さらに国内でも屈指の広さ・規模を誇る八重洲地下街は誰のものか。三菱でも三井でも、住友でもない、大阪勢の巨大企業の姿が浮かんでくる。

宇都宮、熊本パルコ閉館! ブランド集客戦略は終焉を迎えたか

宇都宮、熊本パルコ閉館! ブランド集客戦略は終焉を迎えたか

2019/04/05

宇都宮、熊本パルコの閉館が決まりました。パルコは主要駅近辺の中心街に出店し、10代~20代の若者を引き込むことに成功。時代を先取りしたファッションテナントに強みを持ち、パルコが一つのブランドとして成立していました。今、潮目は変わっています。

【高島屋】独立独歩の運営 次のM&Aはいつ

【高島屋】独立独歩の運営 次のM&Aはいつ

2018/11/01

高島屋が独自路線を強めている。大手の百貨店は2000年に入り経営統合によって4つの大きなグループにまとまった。高島屋は4グループと並ぶ存在として独立独歩の運営を続けている。

エイチ・ツー・オー リテイリング  そごうと西武の店舗名変更 次のM&Aは

エイチ・ツー・オー リテイリング  そごうと西武の店舗名変更 次のM&Aは

2018/10/18

エイチ・ツー・オー リテイリングは2017年10月にセブン&アイ・ホールディングスから買収した、そごう神戸店を「神戸阪急」に、西武高槻店を「高槻阪急」に名称変更する。

[ビルメンテナンス業のM&A] 国内の大手集約が進行

[ビルメンテナンス業のM&A] 国内の大手集約が進行

2018/09/12

ビルメンテナンス業界全体の売上高は、引き続き堅調に推移している。直近のビルメンテナンス業界のM&Aは、「国内の大手集約」「海外展開」「総合サービスの提供」「選択と集中」に特徴がある。

イニエスタ選手の年俸は高いのか? 「企業買収」の視点で考える

イニエスタ選手の年俸は高いのか? 「企業買収」の視点で考える

2018/05/29

イニエスタ​選手がサッカーJ1の「ヴィッセル神戸」に32億5000万円の年棒で移籍する。プロ野球チームの東北楽天に所属する選手全体の年俸合計額約28億円を上回るという彼の年棒は法外なのか?移籍ではなく企業買収として考えれば、意外な見方が…。

カタログ通販の千趣会 J.フロントとの資本提携を解消

カタログ通販の千趣会 J.フロントとの資本提携を解消

2018/05/20

カタログ通販大手の千趣会は、大丸、松坂屋百貨店などを傘下に持つJ.フロントリテイリングとの資本業務提携を解消した。千趣会は地域経済活性化支援機構(REVIC)より投資支援を受ける。

【意外な子会社】旧ソニプラ、TBSとJフロントが買収(2008年、2011年)

【意外な子会社】旧ソニプラ、TBSとJフロントが買収(2008年、2011年)

2017/05/28

TBSがソニープラザを買収した当時「テレビ局が小売業を買収?」と話題となった。現在、旧ソニプラの持株会社であるスタイリングライフ・ホールディングスは、TBSとGINZA SIXの開業で好調なJ.フロントリテイリングが共同経営している。

 「TOBってなあに? もうかるの?」 第2回

「TOBってなあに? もうかるの?」 第2回

2016/08/05

KDDIと住友商事によるジュピターテレコム(J:COM)の買収で、海外投資家らがTOBの買い付けに応じない株主から強制的に株を買い取る際の価格が「低すぎる」と申し立てた主張を、最高裁が退けたのは記憶に新しいところ。TOBを投資の目線で見るとどうなるのだろうか?「節税ヒントがあるかもブログ」のメタボ税理士が、全3回でTOBについて分かりやすく解説する。

[ビルメンテナンス業界のM&A]3つの傾向

[ビルメンテナンス業界のM&A]3つの傾向

2016/08/04

ビルメンテナンス業は、主にビルを対象として清掃、保守、機器の運転を一括して請け負い、これらのサービスを提供する業と定義されている。経済状況に左右されにくく、安定収益が見込みやすいことから、M&Aにおいて非常に人気が高い業種の1つだ。ビルメンテナンス業界のM&A動向を探る。

関連のM&A速報

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5