M&A速報

イオンディライト<9787>、白青舎<9736>をTOBにより完全子会社化

2015/10/27

イオンディライトは、白青舎を完全子会社化すると発表した。現在間接的に5.58%を所有しているが、TOB(株式公開買い付け)を実施し全株式の取得を目指す。筆頭株主である大丸松坂屋百貨店は所有する25.36%についてTOBに応募することで合意している。白青舎は上場廃止となる予定。

イオンディライトは白青舎の子会社化により、営業力やコスト競争力の強化に加えバックオフィスの効率化などの面で相乗効果を見込む。

買付価格は1株あたり800円で、公表前営業日の終値332円に対して140.96%のプレミアムを加えた。買付予定数は761万9207株で、下限は359万3000株。上限は設定されていない。買付価額は最大で60億9000万円。買付期間は10月28日から12月10日まで。決済の開始日は12月17日。

関連の記事

[ビルメンテナンス業のM&A] 国内の大手集約が進行

[ビルメンテナンス業のM&A] 国内の大手集約が進行

2018/09/12

ビルメンテナンス業界全体の売上高は、引き続き堅調に推移している。直近のビルメンテナンス業界のM&Aは、「国内の大手集約」「海外展開」「総合サービスの提供」「選択と集中」に特徴がある。

 「TOBってなあに? もうかるの?」 第2回

「TOBってなあに? もうかるの?」 第2回

2016/08/05

KDDIと住友商事によるジュピターテレコム(J:COM)の買収で、海外投資家らがTOBの買い付けに応じない株主から強制的に株を買い取る際の価格が「低すぎる」と申し立てた主張を、最高裁が退けたのは記憶に新しいところ。TOBを投資の目線で見るとどうなるのだろうか?「節税ヒントがあるかもブログ」のメタボ税理士が、全3回でTOBについて分かりやすく解説する。

[ビルメンテナンス業界のM&A]3つの傾向

[ビルメンテナンス業界のM&A]3つの傾向

2016/08/04

ビルメンテナンス業は、主にビルを対象として清掃、保守、機器の運転を一括して請け負い、これらのサービスを提供する業と定義されている。経済状況に左右されにくく、安定収益が見込みやすいことから、M&Aにおいて非常に人気が高い業種の1つだ。ビルメンテナンス業界のM&A動向を探る。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5