東京・練馬区にある遊園地「としまえん」が2020年8月末日をもって閉園になる。以降、土地や施設はどのような使われ方をするか、2020年7月時点では正式発表はない。だが、1926年9月「練馬城址 豊島園」として開園してから約100年の歴史を誇る老舗遊園地だけに、閉園を惜しむ声は多い。

黄金郷に舞い回るメリーゴーランド

このとしまえんには2010年、機械遺産に認定された遊戯施設がある。「カルーセル・エルドラド」という回転木馬(メリーゴーランド)だ。1907年に製造。カルーセルとはフランス語で回転木馬のことであり、エルドラドはスペイン語で黄金郷。ヨーロッパ由来の遊戯施設である(以後、本記事では回転木馬、メリーゴーランド等をカルーセルと表記する)。

製作者はドイツの機械技師ヒューゴー・ハッセ。製造された当時は「トロットワール・ルーラン(動く歩道)」と呼ばれていたという。定番の木馬をはじめ、豚やゴンドラ、馬車などはすべて手彫りされたもの。天井を彩る女神や天使などの装飾とともに、精巧な美術工芸としての輝きを放っていた。

ヒューゴー・ハッセはもともと蒸気機関の整備士で、カルーセルを蒸気で動かす仕事を請け負っていた。それがきっかけでカーニバル業、遊園地業に進出し、数々の遊戯施設を開発した。その名声は欧米中に広がり、「遊園地業の王様」とも呼ばれるようになった。

ところが、1900年代初頭のヨーロッパでは第一次大戦の足音が忍び寄っていた。1911年、ヒューゴー・ハッセはカルーセル・エルドラドをアメリカ・ニューヨークの遊園地に移すことにした。この頃から、このカルーセルは「エルドラド」と呼ばれるようにもなったようだ。見る者、乗る者に幸せをもたらし、まるで黄金郷にいざなうような美しさだったのだろう。

日本でもカルーセルの人気はうなぎ上りだった。日本で最初にカルーセルが登場したのは1903年、大阪で開催された内国勧業博覧会で、だった。日本で最初の常設カルーセルは1918年、東京・浅草の木馬館という遊戯施設に設置されたものとされている。ちなみにカルーセルの発祥はフランスで、1860年頃といわれている。フランスの騎馬隊が馬術練習のためにつくったものが原型である。

海を渡った木馬たち

独・米・日などで110余年、多くの家族づれ、カップルなどの夢を乗せて回り続けた

 欧米でも日本でも人気を博したカルーセル。ところが、カルーセル・エルドラドが設置されたニューヨークの遊園地は1964年に閉園を迎えた。このときカルーセル・エルドラドも解体されたが、そのニュースを聞きつけた日本の企業があった。それが株式会社豊島園だった。当時は「技術の粋を極めた世界一のカルーセルが太平洋を渡る!」ということで、ニューヨークタイムズをはじめ日米のマスコミもセンセーショナルな記事として取り上げた。

そんなカルーセル・エルドラドがとしまえんで復元され、遊戯施設として息を吹き返したのは1971年4月のこと。日本に現存するカルーセルとしては最古の施設である。1985年頃にはニューヨークから返還してほしいとの申し出もあったようだ。カルーセル・エルドラドは、日米間の様々な交渉を経つつ、遊園地に遊びにくる家族連れ、カップルを黄金郷へといざなった。その間、カルーセルは改良を重ね、どこの遊園地にもなくてはならない遊戯施設の1つとして育っていった。