多くの観光客を迎える倉敷美観地区(岡山県倉敷市)

白壁の蔵が連なる街並みと倉敷川を行き交う小舟。倉敷の静謐かつ瀟洒な街並みは日本を代表する美観地区として名を馳せ、多くの観光客を迎えてきた。歴史的建造物である木造3階建ての本館や母屋、離れ、蔵の4棟からなる複合商業施設「林源十郎商店」はその倉敷美観地区の一角にある。

複合商業施設としてのオープンは2012年3月。「倉敷生活デザインマーケット」を標榜し、「豊かな暮らし」を探求する衣・食・住に関わる8店舗が入居している。地元・倉敷をはじめ全国で活躍するデザイナーが手がけた生活雑貨などの店舗が入居し、企画展やワークショップも開催され、お洒落なカフェレストランで喫茶やランチを楽しむこともできる。

ゆっくりとショッピングを楽しめば、つい時間が経つのも忘れてしまう。ほかにも見どころの多い倉敷の街だけに、「他のお店や観光施設などを回る時間がなくなってしまった!」と贅沢な思いを抱く観光客もいるはずだ。

 紡績の街に生まれ育まれてきた医薬のスピリッツ

壁一面を占める江戸時代の薬箪笥

複合商業施設としての林源十郎商店のスタートは2012年3月だが、実はもともとの林源十郎商店は1657年、同地に林半右衛門由儀が「紀伊国屋」という名称で創業した薬種業にさかのぼる。林源十郎商店の本館2階にある林源十郎商店記念室。創業の頃からの歴史、特に林家の8代当主である林孚一、11代当主である林源十郎の偉業を写真パネルなどによって顕彰する施設である。歴史の記念施設といっても大規模なものではない。蔵を模した本館のコーナーにある展示スペースである。蔵にあった江戸時代の薬箪笥をはじめ、製造していた薬などの展示品も目を引く。

現在の商業施設名を薬種業であった社名と同じ林源十郎商店としたのは、倉敷市がまだ村であった明治期から健康・福祉に尽くしてきた林源十郎の精神に学び、今後ともその精神を今日の暮らしに生かす意図が込められている。

本館に向かって右側の細い路地に入ると、小規模ながら重厚な自然石の石碑がある。「林源十郎商店発祥の地」と記され、林源十郎商店の社名・組織形態の変遷が刻まれている。倉敷のこの地で江戸期から、たとえ社名・組織形態が変わったとしても営々と薬種業が営まれてきたことがわかる。

2013年に設置された石碑

本館の屋上に昇ってみると、倉敷美観地区の落ち着いた街並みが一望できる。多くの人は、倉敷を代表する会社というとまず倉敷紡績(クラボウ)が頭に浮かぶかもしれない。だが、屋上から白壁・瓦屋根の町並みを眺めていると、倉敷が薬種の街でもあった往時の姿に思いを寄せることができるだろう。