東京大学は日本国内に千葉演習林、北海道演習林、秩父演習林、田無演習林、生態水文学研究所、富士癒しの森研究所、樹芸研究所と7つの地方演習林を所有している。そのうち、1916年と最も古くに開設され、規模においては北海道演習林に次ぎ総面積5812ヘクタールを擁するのが秩父演習林である。

荒川水系の上流にある秩父湖のさらに奥、滝川、入川といった清冽な河川の流域をめぐる広大な山々の森を演習林として育成し、また研究に活用してきた。

その演習林内には、いくつかの森林軌道が敷かれていた。主に、伐採した木材を運搬するための鉄道である。馬車からトロッコへ。おそらく森林軌道が活躍した昭和初期には、運搬した木材はもちろんのこと、薪や炭などの林産品を入札によって民間に卸し、大学の収入源とした時期もあったはずだ。

林業と水利権と

東京大学演習林軌道は、その水系によって大きく入川線と滝川線に大別できる。入川線は現在の川又・入川集落から奥の林道に沿って西へ、赤沢吊橋のある赤沢谷出合まで。滝川線は同じく現在の川又から滝川に沿って上流の豆焼沢という沢の出合までである。

この東京大学演習林軌道は、演習林そのものとは別に、軌道の敷設・管理などを民間会社に委託していた経緯もあり、その民間会社において、いくつかのM&Aが繰り広げられてきた。

まず、1920年代後半、東京大学(東京帝国大学)は現在の入川林道の一部に入川線の軌道敷設を始めたが、敷設そのものを東京大学が行ったわけではない。実際の敷設を請け負ったのは、当時、演習林内の木材などの払い下げを受けていた関東木材という会社だった。

また、現在の入川から下流、秩父湖のダムがある二瀬までは、木材の運搬用ではなく工事用の軌道が敷設されていた。それは東京電力の前身の1つである関東水電によるものだった。

広く「山の水」という観点で見ると、関東水電は群馬県の尾瀬の水利権を所有していた会社で、1929年、その関東水電と信越電力、東北電力が合併して東京発電となり、1930年代に東京発電は東京電灯と合併して東京電灯となった。その東京電灯は尾瀬に巨大なダム湖をつくる計画を発表して物議を醸した会社である。そして、東京電灯は戦後、尾瀬の大発電計画を打ち立てた関東発電と合併し、第2次大戦後の1951年に東京電力<9501>となった。

森林軌道というと、「木材を運ぶトロッコ列車」をイメージするが、上流の水利権をめぐる開発の手段という重要な役割も担っていた。