新型コロナウイルスがウエディング業界にも深刻な影響を与えています。結婚式に関連する施設やサービスのコロナ倒産件数は5件。静岡県浜松市の人気結婚式場「ウエディング・セントラルパーク」を運営し、表参道にもドレスショップを構えるラビアンローゼ(本社:静岡県浜松市)が民事再生法の適用を申請しました。

上場企業への影響も甚大。レストランウエディングの名門「代官山タブローズ」などを運営するグローバルダイニング<7625>は、継続企業の前提に関する事項の注記(GC注記)が付きました。テイクアンドギヴ・ニーズ<4331>は、3月に予定していた結婚式1,200組のうち、600組が延期となっています。

この記事は新型コロナウイルスがウエディング企業に与えた影響をまとめたものです。以下の情報が得られます。

・結婚式場のコロナ倒産
・役員報酬の減額、業績の下方修正など上場企業への影響

式場のリニューアルもむなしく破産したロイヤルオークホテル

大型倒産となったホテルWBF(本社:大阪府大阪市)が運営する「ホテルWBFグランデ旭川」は、イオンモール旭川駅前店で結婚式場の紹介や案内をする「ブライズなび」と提携して結婚式の受注をしていました。宿泊、挙式・宴会、レストランのトリプルパンチを受けるホテルは、特に厳しい戦いを強いられています。

【ウエディング関連企業のコロナ倒産】

事業停止または破産手続き開始日企業名所在地ブランド・施設名事業内容負債総額
3月2日ルミナスクルーズ兵庫県神戸市ルミナス神戸2ランチ、ディナー、ウエディングなどの観光クルーズ船を運航12億4300万円
4月21日ラビアンローゼ静岡県浜松市ラビアンローゼ(ドレスサロン)、ウエディング・セントラルパーク(結婚式場)貸衣装、結婚式場の運営、ハネムーンなどの旅行代理店業33億円
4月24日人吉観光交通熊本県人吉市アンジェリーク平安結婚式場の運営、タクシーの運行7億円
4月27日WBFホテル&リゾーツ大阪府大阪市ホテルWBFホテルの運営
160億円
4月28日ロイヤルオークリゾート滋賀県大津市ロイヤルオークホテルスパ&ガーデンズホテルの運営50億円

ウエディングビジネスを主軸とした会社で、民事再生へと至った最初のケースがラビアンローゼでした。1981年創業で、ウエディングドレスのレンタルがメイン事業。ドレスショップは本拠地浜松だけでなく、表参道や名古屋、ハワイにまで拡大していました。また、静岡県浜松市の「ウエディング・セントラルパーク」や愛知県岡崎市の「スウィートローゼスクラブ岡崎」などのゲストハウスも運営しています。

結婚したカップル向けにハネムーンを企画して旅行代理店業へも進出。総合ブライダル企業として成長していました。しかし、競合結婚式場の乱立や婚礼の市場規模縮小により業績が悪化。そこに新型コロナウイルスの感染拡大によるキャンセルが相次ぎ、資金調達の見込みが立たなくなりました。

ロイヤルオークホテルスパ&ガーデンズは、敷地内にゲストハウス型施設「ル・ヴァンベール」を設けて積極的に結婚式を取り込んでいたホテルです。2018年6月に施設をリニューアルオープン。カフェテラスを新設し、披露宴にガーデンビュッフェやデザートビュッフェを取り入れる提案もしていました。

ロイヤルオークリゾートは、前身の株式会社ロイヤルオークシガ(後のビーケー産業)が、38億円の負債を抱えて2004年に破産。対外的な信用が失われ、金融機関からの支援も得られない状態が続いていました。2017年にロイヤルオークリゾートのオーナー一族が全株式をシンガポール系のファンドに売却。

京都が観光地として人気を博す一方、その影響が大津まで広がることはありませんでした。国内外の有名ブランドが京都に次々とホテルをオープンし、客足の途絶えたロイヤルオークホテルの経営は悪化していました。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて6月30日までの休業を決定していましたが、先行きの見通しが立たないことから4月28日に従業員を解雇。負債総額50億円で自己破産申請することとなりました。