■ハゲタカの時代が終焉

要点:浅草ビューホテルなどの運営を行う日本ビューホテルを例にとりながら、ファンドもまともな長期投資をするようになったよ、という話です。

まずは皆さんのファンドのイメージ。そうですよね、聞かなくてもわかります。その通りです。かつて米ブラックストーンがその手法で数十億、数百億を稼ぎ出しました。”円”ではありません、”ドル”です。すなわち、数兆円を稼いでいたというわけです。

倒産寸前の会社を(銀行のレバレッジを利かせてリスクオフで)買い付け、大規模リストラで急速に業績回復し、上場させて莫大な上場益を得る。それが(ハゲタカ)ファンドのイメージだと思います。リスクを追わずに門外漢の分野の会社を買い付けて、大量の失業者を排出して売却益を手にするという、人でなしの言葉にぴったりな組織。ファンドとはそういうものでした。


■みずほ系ファンドが民事再生手続きで資金を注入

イケイケだった時代にゴルフ場への過度な投資が災いし、ビューホテルグループは2001年に民事再生手続きを行います。負債総額は800億円。救いの手を差し伸べたのはみずほ系のファンドでした。

再建のロードマップは設備投資を控えるという地味なものでした。施設の閉鎖や大規模リストラは行わなかったのです。那須りんどう湖レイクビューなどの、明らかに「不採算事業なんだろうなぁ」といったところも、事業を継続しています。

ホテルビジネスのカギとなる、設備投資(リニューアル)ができなかったのは痛手だったようですが、資金がショートしているのだから、それくらいは当たり前です。

2012年、無事に債務返済を終え、上場準備に入ります。そして2014年7月、折しもアベノミクスによる急激な円安の影響で、外国人観光客が浅草に溢れ始めたタイミングでの東証二部上場となりました。