M&A速報

ブラス<2424>、ビーラインからブライダル事業を取得

2017/02/16

ブラスは、レストラン事業、ブライダル事業を行うビーライン(静岡県沼津市。売上高2億300万円、純資産4300万円)からブライダル事業「ヴィラエッフェ」を取得することを決議した。

対象となるのは沼津市のチャペルを併設したウェディングレストランで、オープンキッチンを備えたダイニングでは130名までの披露宴開催が可能という。ブラスは完全貸切のハウスウエディング会場としてリニューアルし、事業の一層の発展を目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2017年7月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

結婚式場にも波及するコロナ倒産 大手ウエディング企業への影響は

結婚式場にも波及するコロナ倒産 大手ウエディング企業への影響は

2020/05/08

コロナの影響がウエディング業界にも波及しています。浜松の結婚式場「ウエディング・セントラルパーク」のラビアンローゼが民事再生法の適用を申請しました。熊本の「アンジェリーク平安」も破産をしています。婚礼キャンセルが業界に大打撃を与えています。

「CRAZY WEDDING」が結婚式場運営に乗り出す理由

「CRAZY WEDDING」が結婚式場運営に乗り出す理由

2018/06/29

自社会場を持たず、オーダーメイド型の結婚式をプロデュースしていたCRAZY WEDDINGが、「アンフィニ―ル表参道」の運営へと乗り出します。会場を持たないというポリシーを捨てたCRAZYは2022年までに売上高100億円達成を目指します。

「ブラス」の業績が振るわない理由は完全貸切スタイルにあり

「ブラス」の業績が振るわない理由は完全貸切スタイルにあり

2018/04/20

結婚式場を運営するブラスの2018年7月期第2四半期は、売上高が前年同期比7.2%増の45億4300万円だったものの、経常利益は52.8%減の2億7000万円。他社会場の買収や新規出店により売上は出せているものの、利益が出せていません。ビジネスモデルの転換を図る必要がありそうです。

M&A速報検索

クリア