M&A速報

エスクリ<2196>、フジ・メディアHD<4676>から婚礼プロデュース会社のストーリアを取得

2015/09/24

エスクリは、フジ・メディア・ホールディングスの100%子会社で婚礼プロデュース事業を展開するストーリア(東京都港区。売上高9億8000万円、純資産2億2400万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。

ストーリアは2008年7月設立。エスクリは2016年1月にストーリアが運営する披露宴施設、「南青山サンタキアラ教会」(港区)を取得している。今回、ブライダル事業のさらなるシェア拡大を目指し、同社の子会社化を決めた。

取得価額は未定。取得予定日は12月24日。

M&Aデータベース

関連の記事

結婚式場でコロナ発生、業界が恐れる秋の大量キャンセルに繋がるか

結婚式場でコロナ発生、業界が恐れる秋の大量キャンセルに繋がるか

2020/07/31

滋賀県の結婚式場で婚礼客が新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。列席者の中から感染者が出たことは、婚礼業界が恐れる秋シーズンの大量キャンセルに繋がる事例の一つとなるかもしれません。

貸会議室のTKP、ウィズコロナ時代の乗り切り方は?

貸会議室のTKP、ウィズコロナ時代の乗り切り方は?

2020/07/22

貸会議室大手のティーケーピー(TKP)の業績に急ブレーキがかかっている。新型コロナ感染の拡大で、貸会議室や宴会場の需要が減り、2020年3~5月期決算の最終損益は14億7100万円の赤字(前年同期は4億900万円の黒字)に転落した。

結婚式場にも波及するコロナ倒産 大手ウエディング企業への影響は

結婚式場にも波及するコロナ倒産 大手ウエディング企業への影響は

2020/05/08

コロナの影響がウエディング業界にも波及しています。浜松の結婚式場「ウエディング・セントラルパーク」のラビアンローゼが民事再生法の適用を申請しました。熊本の「アンジェリーク平安」も破産をしています。婚礼キャンセルが業界に大打撃を与えています。

貸衣装クラウディアが老舗フォトスタジオ内田写真を買収した理由

貸衣装クラウディアが老舗フォトスタジオ内田写真を買収した理由

2019/01/18

ウエディングドレスのクラウディアが、大阪の老舗写真館・内田写真を5億7400万円で買収しました。内田写真は明治4年創業で、帝国ホテルをはじめとした一流結婚式場と提携しています。その太いパイプは、クラウディアを起死回生へと導くでしょうか?

「CRAZY WEDDING」が結婚式場運営に乗り出す理由

「CRAZY WEDDING」が結婚式場運営に乗り出す理由

2018/06/29

自社会場を持たず、オーダーメイド型の結婚式をプロデュースしていたCRAZY WEDDINGが、「アンフィニ―ル表参道」の運営へと乗り出します。会場を持たないというポリシーを捨てたCRAZYは2022年までに売上高100億円達成を目指します。

【2018年3月M&Aサマリー】買収は49件 「20億円超」増えて13件=適時開示ベース

【2018年3月M&Aサマリー】買収は49件 「20億円超」増えて13件=適時開示ベース

2018/04/05

東証の「適時開示」ベースで買収案件を集計したところ、3月は49件と前月より4件減った。大型案件が目立ち、日本たばこ産業がロシアのたばこメーカー4位を約1900億円で、東レがオランダの炭素繊維大手を1230億円でそれぞれ子会社化した。

結婚式場探しは「ゼクシィ」から「リクシィ」の時代へ?

結婚式場探しは「ゼクシィ」から「リクシィ」の時代へ?

2018/02/16

結婚式場紹介のサービスを提供する、ブライダル業界のベンチャー企業リクシィが、2017年12月に5500万円の資金調達を行いました。この分野はリクルート「ゼクシィ」の牙城。長年居座ったその城を、とうとう明け渡す日がくるのでしょうか。業界の新陳代謝が起こっています。

「上場企業2,172社の平均年間給与」調査 2017年3月期決算

「上場企業2,172社の平均年間給与」調査 2017年3月期決算

2017/07/29

2017年3月期決算の上場企業2,172社の平均年間給与は628万1,000円(中央値610万円)で、前年より4万1,000円(0.6%増)増えた。業種別トップは建設業で唯一の700万円台。平均年間給与1,000万円以上は47社だった。

【フジメディアホールディングス】M&Aなどの投資で、メディア以外の事業領域へ挑戦

【フジメディアホールディングス】M&Aなどの投資で、メディア以外の事業領域へ挑戦

2016/07/21

メディア・コングロマリットを目指すフジメディアホールディングス。グループ株式の追加取得、協業を見込んだ出資や第三者割当増資の引き受けなど、毎年数件のM&Aを実施しており、近年はメディア以外の事業領域への投資も進めている。セグメント別の利益などを分析してみる。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5