破産の記事一覧

パニーニ専門店「Panino Giusto(パニーノ・ジュスト)」が破産

パニーニ専門店「Panino Giusto(パニーノ・ジュスト)」が破産

首都圏を中心にパニーニ店を展開していたPanino Giusto(パニーノ・ジュスト)が11月11日、東京地裁から破産開始決定を受けた。新型コロナウイルスの影響による外出自粛要請で春以降、一部店舗を休業するなど経営が悪化していた。

記事を読む
「TSUKIJI COOKING」「料理教室ナビ」運営会社が破産

「TSUKIJI COOKING」「料理教室ナビ」運営会社が破産

「料理教室ナビ」や外国人向けの和食料理教室「TSUKIJI COOKING」などを運営するシェアプロが9月23日、東京地裁より破産開始決定を受けた。資金繰りが厳しく、事業継続が困難となり2020年8月中旬には事業停止していた。

記事を読む
横浜ラーメンの「六角家」が破産開始決定

横浜ラーメンの「六角家」が破産開始決定

横浜ラーメンの「六角家」が9月4日、横浜地裁より破産開始決定を受けた。「六角家」戸塚店は別法人が営業中で、その他「六角家」を屋号とする姉妹店なども営業中である。​

記事を読む
老舗ポルシェディーラーの昌和自動車が破産 負債総額38億円

老舗ポルシェディーラーの昌和自動車が破産 負債総額38億円

昌和自動車は8月27日、大阪地裁より破産開始決定を受けた。負債総額は約38億6000万円(2019年12月期決算時点)。ポルシェ専業の小売店としては国内有数の老舗会社だった

記事を読む
結婚式場・フォトスタジオ運営のウエストが破綻 コロナの影響で

結婚式場・フォトスタジオ運営のウエストが破綻 コロナの影響で

名古屋市中区の「ザ・グローオリエンタル名古屋」と栃木県小山市の「アルファーレグランシャトー」の2カ所の結婚式場を運営していた(株)ウエストは7月28日、東京地裁に破産を申請し同月29日、保全管理命令を受けた。

記事を読む
「寿し常グループ」運営会社破産 事業は東京一番フーズ子会社へ

「寿し常グループ」運営会社破産 事業は東京一番フーズ子会社へ

首都圏に展開する寿司店チェーン「寿し常グループ」を運営する豊田と関連会社の益子食品は7月13日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債は、豊田が30億679万円、益子食品が15億6240万円。

記事を読む
身売りと退店、子会社の破産、いきなりステーキの未来は明るいか?

身売りと退店、子会社の破産、いきなりステーキの未来は明るいか?

ペッパーフードサービスが生き残りをかけて大規模な再編へと乗り出しています。屋台骨となるペッパーランチを85億円で投資ファンドに売却し、いきなりステーキ114店舗を閉鎖。ナスダックにも上場した米子会社は破産となりました。過去の栄光を取り戻せるのでしょうか。

記事を読む
東京ミネルヴァ法律事務所が破産 負債総額は52億円

東京ミネルヴァ法律事務所が破産 負債総額は52億円

CMの大量放映などで知られる弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所が6月24日、債権者から東京地裁に破産を申し立てられ、同日、破産開始決定を受けた。負債総額は52億円だが、大半が預り金と未払金で占めており、変動する可能性がある。

記事を読む
結婚式場にも波及するコロナ倒産 大手ウエディング企業への影響は

結婚式場にも波及するコロナ倒産 大手ウエディング企業への影響は

コロナの影響がウエディング業界にも波及しています。浜松の結婚式場「ウエディング・セントラルパーク」のラビアンローゼが民事再生法の適用を申請しました。熊本の「アンジェリーク平安」も破産をしています。婚礼キャンセルが業界に大打撃を与えています。

記事を読む
高級カプセルホテルの「ファーストキャビン」が破産

高級カプセルホテルの「ファーストキャビン」が破産

高級カプセルホテルを運営する(株)ファーストキャビンと関連4社が4月24日、東京地裁に破産を申請した。ファーストキャビンの負債総額は11億3082万円。緊急事態宣言の発出後に休業するホテルも増加し、事業継続が困難となった。

記事を読む
キャスキッドソンジャパンが破産 負債総額は約65億円

キャスキッドソンジャパンが破産 負債総額は約65億円

イチゴや花柄をモチーフにした英国雑貨ブランドのCath Kidstonを運営するキャスキッドソンジャパンが4月22日、東京地裁に破産を申請し同日、破産開始決定を受けた。負債総額は約65億円

記事を読む
【コロナ倒産】飲食、宿泊業まとめ。「点と線」で有名なあの店も

【コロナ倒産】飲食、宿泊業まとめ。「点と線」で有名なあの店も

4月7日に新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令され、映画館やライブハウス、運動施設だけでなく、居酒屋、カラオケ、マンガ喫茶なども休業が要請されることとなります。また、休日の旅行は大幅に制限され、飲食店や宿泊施設は甚大な影響を受けます。

記事を読む
青森・津軽最古の酒蔵「竹浪酒造店」が破産

青森・津軽最古の酒蔵「竹浪酒造店」が破産

正保年間(江戸前期)創業の老舗酒造・竹浪酒造店(青森県北津軽郡)は3月16日、青森地裁五所川原支部より破産開始決定を受けた。「岩木正宗」や「七郎兵衛」など純米酒の製造を主体としていた。

記事を読む
BMX販売店の老舗「BMX RIO(東京・二子玉川)」が破産

BMX販売店の老舗「BMX RIO(東京・二子玉川)」が破産

「BMX RIO」を運営するマキコーポレーションが1月22日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は債権者約20名に対して約1億2000万円。近郊での競合店の増加や競技人口の伸び悩みなどから売上が減少していた。

記事を読む
三宿のカフェ「NOZY COFFEE」が破産

三宿のカフェ「NOZY COFFEE」が破産

東京・三宿にあるNOZY COFFEEの運営会社が12月11日、破産開始決定を受けた。負債総額は債権者51名に対して約1億1000万円。​従業員は業務提携をしていた別会社に引き継がれている。​

記事を読む
アパレル関連小売業者の倒産が増加 負債の大型化も

アパレル関連小売業者の倒産が増加 負債の大型化も

アパレル小売業の倒産が増加している。2019年1-10月累計の倒産は199件(前年同期比14.3%増)。倒産の原因は業績不振が大半を占めており、負債の大型化も顕著となった。

記事を読む
白金ロールが評判だった「Atelier de Reve」が破産

白金ロールが評判だった「Atelier de Reve」が破産

ケーキや焼き菓子などの製造販売を手掛け、首都圏の百貨店やショッピングセンターを中心に洋菓子店「Atelier de Reve」などを展開していたアトリエリーブが破産した。負債総額は、債権者140名に対して約5億5000万円。​

記事を読む
街の書店に「とどめ」を刺すのは、アマゾンではなく物流業者

街の書店に「とどめ」を刺すのは、アマゾンではなく物流業者

札幌市の書店「なにわ書房」が札幌地方裁判所に自己破産を申請した。地方書店の廃業や倒産が相次いでいるのは周知のとおり。理由は出版不況、電子書籍、書籍ネット通販の普及の三重苦。だが、青息吐息の地方書店に「とどめ」を刺すのは、意外な業者だという。

記事を読む
キャラメルボックスのネビュラプロジェクト倒産にみる芸術と経営

キャラメルボックスのネビュラプロジェクト倒産にみる芸術と経営

劇団キャラメルボックスの運営を行うネビュラプロジェクトが6月に破産しました。同劇団は俳優の上川隆也さんがかつて所属し34年続いた人気の劇団。ファンクラブ会員は1万7000人を超えていました。芸術と経営の難しさを突き付けます。

記事を読む
貴金属買取の「えびす堂」が破産 事業停止へ

貴金属買取の「えびす堂」が破産 事業停止へ

貴金属買取の「えびす堂」などを運営する(株)テビス(埼玉県鶴ヶ島市)が6月7日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債額は現在調査中

記事を読む
小田原かまぼこ「みのや吉兵衛」が破産

小田原かまぼこ「みのや吉兵衛」が破産

創業450年小田原の老舗かまぼこ製造「みのや吉兵衛」を運営する株式会社美濃屋吉兵衛商店が5月20日、事業を停止し破産手続きを開始した。負債総額は調査中。

記事を読む
超高速全身脱毛サロン「PIKARI」が破産

超高速全身脱毛サロン「PIKARI」が破産

超高速全身脱毛サロン「PIKARI(ピカリ)」を4店舗運営するOFFICE Kが4月9日、破産開始決定を受けた。負債総額は約2億円。新しい運営会社が一部店舗の承継と救済措置を決定した。

記事を読む
サービス業の人手不足倒産が前年比52%増の41件と急増!

サービス業の人手不足倒産が前年比52%増の41件と急増!

帝国データバンクによると2018年の人手不足倒産件数は前年比44%増の153件。2016年の72件と比較して2倍以上も増えました。サービス業は前年比52%増の41件となり、建設業に次いで2番目。定着率の悪い業種が苦難に追い込まれています。

記事を読む
地域路線の就航 夢潰える エア・リージョナル・ジャパンが破産

地域路線の就航 夢潰える エア・リージョナル・ジャパンが破産

エア・リージョナル・ジャパンが2018年12月26日、東京地裁より破産開始決定を受けた。地方創生のため庄内空港(山形)へのLCC就航を目指していたが、事業継続を断念した。

記事を読む
「サブウェイ」FC店舗運営のエージー・コーポレーションが破産

「サブウェイ」FC店舗運営のエージー・コーポレーションが破産

首都圏で「サブウェイ」等のFC店を運営するエージー・コーポレーションが1月16日、東京地裁から破産開始決定を受けた。 負債総額は約11億6400万円。

記事を読む