日韓関係の急速な冷え込みで韓国からの観光客数減少に歯止めがかかりません。JNTO(日本政府観光局)によると、2019年10月の韓国人観光客は前年同月比で65%減の19万7000人となりました。韓国からの渡航者数は、日韓関係の悪化が鮮明になった2019年8月から激減。7月は7.6%の減少に留まりましたが、8月は48%減、9月は58.1%減と減少幅が急拡大しています。インバウンド全体に与える影響も大きく、10月の訪日外国人は5.5%減の249万人で250万人を割り込みました。

その衝撃をもろに受けているのがホテル業界。シティホテルが中心のジャパン・ホテル・リート<8985>10月の客室稼働率は前年同月比2.5%減、低価格ホテルを保有するいちごホテルリート<3463>は5.5%減となっています。オリンピック開催で一時は過熱気味だったホテル系リートの株価にも影響が出始めました。日韓関係の悪化がサービス業にも波紋を広げています。

この記事では以下の情報が得られます。

  • ・ホテル系リートの状況
  • ・リート銘柄の投資判断をする重要指標
  • ・韓国人観光客減少の実態

                                           

8月に今年初めて昨年割れを起こした訪日外国人

ホテルや飲食店が期待をかけるインバウンドですが、2019年8月に2.2%減で今年初めて減少に転じました(グラフのオレンジが2018年、青が2019年)。9月はラグビーワールドカップ開催で5.2%増加していますが、10月はラグビーの好影響を受けながらも5.5%減となっています。


訪日外国人1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月
2018年 2,501,409 2,509,297 2,607,956 2,900,718 2,675,052 2,704,631 2,832,040 2,578,021 2,159,595 2,640,610
2019年 2,689,339 2,604,322 2,760,136 2,926,685 2,773,091 2,880,041 2,991,189 2,520,134 2,272,900 2,496,600
増減 7.5%3.8%5.8%0.9%3.7%6.5%5.6%-2.2%5.2%-5.5%

訪日外客統計より筆者作成

背景には韓国人観光客の日本離れがあります(グラフのオレンジが2018年、青が2019年)。2018年は59万人だった8月の韓国人観光客は31万人に。10月は57万人が20万人にまで減りました。貿易や軍事協定問題にまで発展した慰安婦、徴用工問題を巡る日韓関係の冷え込みが、観光客数の急減を引き起こしたのです。8月は韓国側からGSOMIA破棄の発言があったタイミングです。

訪日韓国人 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
2018年 803,816 708,318 619,196 638,523 640,355 606,162 607,953 593,941 479,733 571,176
2019年 779,383 715,804 585,586 566,624 603,394 611,867 561,675 308,730 201,200 197,300
増減 -3.0%
1.1%-5.4%-11.3%-5.8%0.9%-7.6%-48.0%-58.1%-65.5%

一方、韓中関係の改善は鮮明になっており、韓国人の渡航先として中国を選ぶケースが増加しています。また、韓国経済は低迷気味で物価の安いベトナムなどが人気となっています。