M&A速報

テイクアンドギヴ・ニーズ<4331>、ブライダル事業のブライズワードを子会社化

2012/12/25

テイクアンドギヴ・ニーズは、ブライダル事業のブライズワード(名古屋市。売上高64億9000万円、営業利益1億4200万円、純資産3億8900万円)の株式56.32%を取得し子会社化することを決議した。

テイクアンドギヴ・ニーズは「一軒家貸切」、「一顧客一担当制」という独自の仕組みによるハウスウェディング事業を展開する。ブライズワードは、歴史的建造物をウェディング施設として再生する事業や、宿泊・宴会も含めたホテル全体の運営等を手がける。テイクアンドギヴ・ニーズは今回の子会社化により、新規店舗開発力の向上、婚礼受託業の強化、業務インフラ等の共通化によるコスト削減、人材交流・ノウハウ共有等による人材の活性化を図る。

取得価額は8億7800万円。取得予定日は2012年12月27日。

M&Aデータベース

関連の記事

ブライダル企業「経営危険度ランキング」超大手も苦境に

ブライダル企業「経営危険度ランキング」超大手も苦境に

2021/04/16

下記のブライダル企業経営危険度ランキングは、経営の安全性を見る3つの指標(自己資本比率、流動比率、総支払利息比率)をまとめたものです。業界基準値から差異をスコアリングして危険度を算出してみました。

【婚礼業界再編】テイクアンドギヴ・ニーズが海外挙式子会社を売却

【婚礼業界再編】テイクアンドギヴ・ニーズが海外挙式子会社を売却

2020/09/25

婚礼大手テイクアンドギヴ・ニーズが、9月30日海外ウエディングの子会社グッドラック・コーポレーションを不動産業のケン不動産リースに売却します。グッドラックは過当競争によってコロナ前の2019年12月期に2億4500万円の営業損失を計上していました。

結婚式場でコロナ発生、業界が恐れる秋の大量キャンセルに繋がるか

結婚式場でコロナ発生、業界が恐れる秋の大量キャンセルに繋がるか

2020/07/31

滋賀県の結婚式場で婚礼客が新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。列席者の中から感染者が出たことは、婚礼業界が恐れる秋シーズンの大量キャンセルに繋がる事例の一つとなるかもしれません。

結婚式場にも波及するコロナ倒産 大手ウエディング企業への影響は

結婚式場にも波及するコロナ倒産 大手ウエディング企業への影響は

2020/05/08

コロナの影響がウエディング業界にも波及しています。浜松の結婚式場「ウエディング・セントラルパーク」のラビアンローゼが民事再生法の適用を申請しました。熊本の「アンジェリーク平安」も破産をしています。婚礼キャンセルが業界に大打撃を与えています。

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

アパレル業界のM&Aはどうなる? ジェミニ ストラテジー山田CEOに聞く

2019/09/17

アパレル業界の「地殻変動」が起こりつつある。当然、M&Aによる業界再編もアパレル各社の視野に入っているはずだ。環境はますます厳しくなる。アパレルのM&Aはどのように推移するのか。ジェミニ ストラテジー グループの山田政弘CEOに聞いた。

貸衣装クラウディアが老舗フォトスタジオ内田写真を買収した理由

貸衣装クラウディアが老舗フォトスタジオ内田写真を買収した理由

2019/01/18

ウエディングドレスのクラウディアが、大阪の老舗写真館・内田写真を5億7400万円で買収しました。内田写真は明治4年創業で、帝国ホテルをはじめとした一流結婚式場と提携しています。その太いパイプは、クラウディアを起死回生へと導くでしょうか?

「キンプトン東京」開業! ホテルの全貌と運営会社の戦略は?

「キンプトン東京」開業! ホテルの全貌と運営会社の戦略は?

2018/09/28

IHGのラグジュアリーブティックホテル「キンプトン」が日本に初上陸します!場所はパークハイアットの隣、西新宿3丁目。カジュアルでお洒落なホテル登場でこのエリアに注目が集まりそう。運営は結婚式場運営のツカダ・グローバルホールディングです。

テイクアンドギヴ・ニーズの業績拡大、カギはトランクホテルに

テイクアンドギヴ・ニーズの業績拡大、カギはトランクホテルに

2018/07/13

テイクアンドギヴ・ニーズの業績回復が鮮明になってきました。要因は大きく二つ。一つはホテル事業への参入。脱結婚式場化で売上高が稼げる体制が整いました。もう一つがドレス会社買収などによる婚礼商品の内製化。この二つが復活の狼煙にとなりそうです。

「CRAZY WEDDING」が結婚式場運営に乗り出す理由

「CRAZY WEDDING」が結婚式場運営に乗り出す理由

2018/06/29

自社会場を持たず、オーダーメイド型の結婚式をプロデュースしていたCRAZY WEDDINGが、「アンフィニ―ル表参道」の運営へと乗り出します。会場を持たないというポリシーを捨てたCRAZYは2022年までに売上高100億円達成を目指します。

「ブラス」の業績が振るわない理由は完全貸切スタイルにあり

「ブラス」の業績が振るわない理由は完全貸切スタイルにあり

2018/04/20

結婚式場を運営するブラスの2018年7月期第2四半期は、売上高が前年同期比7.2%増の45億4300万円だったものの、経常利益は52.8%減の2億7000万円。他社会場の買収や新規出店により売上は出せているものの、利益が出せていません。ビジネスモデルの転換を図る必要がありそうです。

【T&G】利益率向上に舵を切ったハウスウェディングのパイオニア

【T&G】利益率向上に舵を切ったハウスウェディングのパイオニア

2017/08/01

ハウスウェディングとは、一軒家の洋館や戸建てレストランなどを貸し切って挙式・披露宴を行うウェディングスタイル。株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ<4331>は、ブライダル業界に「ハウスウェディング」という市場をつくり出したパイオニアだ。

ウエディングドレス業界激震!テイクアンドギヴ・ニーズのマリーゴールド買収、その狙いとは?

ウエディングドレス業界激震!テイクアンドギヴ・ニーズのマリーゴールド買収、その狙いとは?

2017/05/18

テイクアンドギヴ・ニーズは、ドレスショップや式場運営を行うマリーゴールドを一部買収すると発表しました。これにより、T&Gの関西ドレス内製化比率は80%となります。それなら「最初からドレスを内製化すりゃよかったじゃん」と思ってしまいますが、そこには簡単に内製化できない業界の複雑な事情が隠されているのでした。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5