格差広がる「セブン&アイ」と「イオン」独走は続くのか

alt

小売業界トップのセブン&アイ・ホールディングス<3382>と、2位のイオン<8267>との格差が一段と広がる見通しとなった。

セブン&アイがオーストラリアでコンビニエンスストア「セブンイレブン」を751店舗(2023年6月末時点)展開しているコンビニエンス・グループ・ホールディングス(ビクトリア州)を傘下に収めるとともに、米国のSunoco LP(テキサス州)からコンビニエンスストアとガソリンスタンド204店舗を譲り受けるためだ。

コンビニエンス・グループの売上高は6000億円ほどで、2024年4月-6月に子会社化する予定...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5