セブンの米コンビニ買収「2.2兆円」は高い買い物なのか

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

2020年8月3日、セブン&アイ・ホールディングス<3382>(以下「セブン&アイ」)は、米国子会社を通じて、米国石油精製大手マラソン・ペトロリアム(Marathon Petroleum Corporation;MPC)(以下「MPC」) 傘下のガソリンスタンド併設コンビニエンスストアチェーン Speedway事業(以下「スピードウェイ」)を買収すると公表しました。

スピードウェイ買収の挫折

MPCは、2019年10月31日にSpeedway事業を分社化し、上場させる方針を公表しました...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5