menu
Social media

法律・マネー

【企業価値評価】非公開会社特有の論点とは

Cover 6f208ded 73ed 43d7 9b43 d5aefb6c36be

前回の記事では、企業価値評価で考慮すべき「各評価手法におけるディスカウントの考え方」について解説しました。今回は、非公開会社特有の論点についてお話したいと思います。

流動性ディスカウントとは何か

まず、非公開会社の株式は、公開会社の株式に対して流動性(換金性)が低いと考えられます。仮に事業・財務内容等が全く同じである公開・非公開会社が2社あった場合、株式の値段が同じであれば、換金が容易な公開会社の株式を優先的に購入するのが一般的です。

そう考えると、非公開会社の株式の価値は、公開会社に比べると相対的に割安であり、その評価に際しては、ディスカウント(割引)が必要であると考えられます。その金額をどのように評価すればよいのでしょうか。

譲渡制限株式に関する研究(Restricted Stock Studies)

まずは米国の「譲渡制限株式に関する研究」から解説します。米国では公開会社が、SEC(Securities and Exchange Commission:米国証券取引委員会)への事前登録を行わずに、譲渡制限株式を私募で発行し、譲渡を行うことがあります。この譲渡制限株式は、投資会社が購入することになるのですが、SECの定めるRule144により、原則として、最低1年間は市場で売却することができずに、保有し続けなければならない等の制限が課されています。

譲渡制限株式には、換金性に上述のような制限があるため、投資会社の購入価格は、同じ会社の公開株式より低い株価となります。この公開株式の株価と譲渡制限株式の株価の違いは、流動性の欠如に関するディスカウントを表しているとするのが、譲渡制限株式に関する研究です。

米国では1970年代に、SECが投資会社(Investment Company)に対して、この取引記録を公表するように義務付けました。その結果、投資会社が購入する株式に対する非流動性ディスカウントを測定することが可能となり、非公開株式に対するディスカウントのための比較材料として利用されています。

譲渡制限株式に関する研究は、様々な研究者・機関等により発表されていますが、その結果を要約したものは、図1のとおりです。

図1

流動性ディスカウントの割合は、支配株主価値を持つ株式に対する場合と、少数株主価値を持つ株式に対する場合で異なると考えられています。そのため、非流動性ディスカウントを適用する場合には、その前段階で、コントロール・プレミアムまたはマイノリティ・ディスカウントを適用する必要があります。数値例で示すと、以下の図2のようになります。

企業価値評価・株価算定

NEXT STORY

非上場会社において株式買取請求がなされ、裁判所が収益還元法を用いて株式の買取価格を決定する際に非流動性ディスカウントを行うことはできないとされた事例

非上場会社において株式買取請求がなされ、裁判所が収益還元法を用いて株式の買取価格を決定する際に非流動性ディスカウントを行うことはできないとされた事例

とある企業の株主が吸収合併に反対、同時に株式買取を請求する事案があった。しかし買取価格で折り合いがつかず、価格決定を申し立てたが、その判決について高裁と最高裁で判断が分かれた。この事例はどういう判断が下されたのか。フォーサイト総合法律事務所の代表パートナー弁護士 大村 健(たけし)氏が解説する。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344