「会社を買収する」その際、対象会社の買収金額はどう決まるのだろうか?本連載では、会社の値段、つまり企業の価値がどう決まるのかについて、様々な評価方法について紹介していきたい。

企業評価アプローチは3つに大別される

企業の価値を評価する手法には多様なものがあるが、大まかに言えば「マーケット・アプローチ」、「インカム・アプローチ」、「ネットアセット・アプローチ」の3つに大別される。

マーケット・アプローチは上場している同業他社や類似取引事例など、類似する会社、事業、あるいは取引事例と比較することによって相対的に価値を評価するアプローチである。

インカム・アプローチは会社から期待される利益、あるいはキャッシュ・フローに基づいて価値を評価する方法である。一般的に将来の収益獲得能力を価値に反映させやすいアプローチといわれ、また、会社独自の収益性などをもとに価値を測定することから、会社が持つ固有の価値を示すといわれる。

ネットアセット・アプローチは、主として会社の貸借対照表上の純資産に注目したアプローチである。インカム・アプローチが動態的評価アプローチといわれるのに対して、ネットアセット・アプローチは一般的に会社の貸借対照表を基に評価することから、静態的な評価アプローチであるといわれる。

(表)企業評価アプローチと評価法

評価アプローチ評価法
マーケット・アプローチ 市場株価法、類似上場会社法(倍率法、乗数法)、類似取引法、取引事例法(取引事例価額法)
インカム・アプローチ フリー・キャッシュ・フロー法、調整現在価値法、残余利益法、その他(配当還元法、利益還元法(収益還元法)など)
ネットアセット・アプローチ 簿価純資産法、時価純資産法(修正簿価純資産法)、その他

日本公認会計士協会「企業価値評価ガイドライン」より