セブンイレブンの記事一覧

セブンの米コンビニ買収「2.2兆円」は高い買い物なのか

セブンの米コンビニ買収「2.2兆円」は高い買い物なのか

セブン&アイが米コンビニ業界3位のスピードウェイを2.2兆円で買収すると公表しました。「買収価格が高すぎる」と一度破談となった交渉が復活したわけですが、コロナ禍での巨額買収はセブン株主にとってプラス材料となるのでしょうか。

記事を読む
【ファミリーマート】今は伊藤忠傘下だが、かつての親会社ってどこ?

【ファミリーマート】今は伊藤忠傘下だが、かつての親会社ってどこ?

ファミリーマートが株式市場から“退場”する。親会社の伊藤忠商事がTOBで完全子会社化するためだ。ファミマが株式上場したのは1987年にさかのぼるが、その当時から伊藤忠の傘下にあったわけではない。ファミマの産みの親となった企業とは?

記事を読む
コンビニ戦争「スマホ決済」覇権握るのはどこか

コンビニ戦争「スマホ決済」覇権握るのはどこか

スマートホン決済サービスが広がる中、コンビニエンスストアでも陣取り合戦が激化してきた。店舗ではコミュニケーションアプリ企業、通販企業、携帯電話会社、コンビニエンスストア自体が入り乱れての戦いとなる。

記事を読む
「コンビニエンスストア」の倒産状況 休廃業が155件、倒産は51件に

「コンビニエンスストア」の倒産状況 休廃業が155件、倒産は51件に

セブンイレブンの国内店舗数が2万店を突破したと話題になっている。一方で2017年のコンビニエンスストアの倒産は14年ぶりに50件台(東京商工リサーチ調べ)に達するなど、新陳代謝が進む業界構造も透けて見える。

記事を読む
食べるM&A 不二家のクリスマスケーキはコンビニで

食べるM&A 不二家のクリスマスケーキはコンビニで

日本のクリスマスケーキの元祖である不二家。最近ではコンビニでも買えるようになり、便利になりました。一時は不祥事により消費者の信頼を失ってしまった不二家ですが、それでもコンビニへの販路拡大で復活への道を模索してきました。そして、その販路拡大の背景には、ある企業の存在がありました。

記事を読む
【セブン&アイ・ホールディングス】国内最大級の小売業が次に繰り出すM&Aとは?

【セブン&アイ・ホールディングス】国内最大級の小売業が次に繰り出すM&Aとは?

国内では既に知名度・店舗数ともに十分であり、ほかのコンビニエンスストアチェーン本部をM&Aで取得する必然性は薄い。高級路線の百貨店や、認知度の高い専門店の獲得など、業態の多様性を志向したM&A戦略から、次の一手を探る。

記事を読む