menu
Social media

ベンチャー並みの成長を続けるNVIDIA 株価は2年で7倍に

Cover 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c

ベンチャー並みの成長を続けるNVIDIA(エヌビディア)は買いか?

 パソコンの購入を検討したことのある方なら、「GPU」という言葉を聞いたことがあるだろう。GPUはGraphic Process Units(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)の略称で、画像処理に特化した演算装置である。この性能がよければよいほど、コンピューターやゲームソフトの動画がきめ細やかに映るため、これまで特にゲーマー達の間でGPUは重視されてきた。

NVIDIAの株価は2年間で7倍近くに

 しかしここ数年のAIの発展によって、GPUがかつてとは違った視点からも注目を集めることとなっている。例えば現実の光景をリアルタイムで正確に映し出す機能が自動運転車の開発の上で非常に重要になってきたりと、GPUの需要が多方面から発生しているのだ。

 そのGPUの需要に合わせて昨年から非常に注目を浴びてきている企業が、世界最大の開発メーカーである米国企業のNVIDIA Corporation(エヌビディア コーポレーション)である。1993年に設立された会社であるにも関わらず、NVIDIAの株価はこの2年間で7倍近くとなっており、ベンチャー企業並みの成長を見せている。そこで今日は、現在急成長を遂げているNVIDIAがこれからも成長を続けて行くのか、投資対象として魅力的なのかどうかについて考えていきたいと思う。

圧倒的な収益率

まず、直近のAnnual Reportを見てみる。

NVIDIA Annual Report
NVIDIA Annual Report

 売上高にあたるRevenueが、直近通期で6,910百万ドル、日本円にして7,700億円ほどである。営業利益率は約30%と非常に高い水準となっている。NVIDIAのようなソフトウェア等の開発を中心に活動する企業は、R&Dコスト(研究開発費)が相対的に高くなるため、それを差し引いた後でこれだけの利益率を確保できているのは、それだけ付加価値の高い製品を生み出しているということだ。   

 売上高こそベンチャー企業のように前年の2倍や3倍といった具合に成長しているわけではないが、最終利益は一株あたり純利益、つまりEPSとともに、前年比で3倍近くにまでなっている。これまでよりも収益性の高いAI関連などのビジネスに火がついたことによって、2017年度の1年間で非常に大きく利益率が向上したことが考えられる。

 このようにPLだけを見れば、投資対象として非常に魅力的であり、高い利益率から生まれるキャッシュを優秀な人材や最先端の研究開発に投資することで、今後も持続的な成長が見込めそうな優良企業である。しかし、PLを見るだけでNVIDIAは将来性があり、魅力的な投資対象であると判断するのは危険だ。そのため、次にBSを見てみる。

企業価値評価・株価算定

NEXT STORY

ジェフ・ベゾスがホールフーズを買収する意味

ジェフ・ベゾスがホールフーズを買収する意味

ジェフ・ベゾス率いるアマゾン・ドットコムが6月16日、食品小売り大手のホールフーズ・マーケットを137億ドル(1兆5000億円)で買収すると発表しました。アマゾンにとっても過去最大の買収となります。


注目の記事