ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【ストックオプション事例研究】テラスカイ投資新株予約権(有償ストックオプション)発行

alt

株式会社テラスカイ<3915>

・業種:ソフトウェア
 発行会社Webへのリンク

・11/21 募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行
 プレスリリースへのリンク

・テラスカイ<3915>がストックオプションの行使条件(業績条件)に用いている指標は以下のとおりです。
 EBITDA(経常利益+償却費)

発行日 発行価額 前日終値 行使価額 発行価額/時価
2016/11/21 60円/株 4,415円 4,415円/株 1.359%
新株予約権の数 希薄化効果 株価変動性 配当利回り 無リスク利子率 行使期間
488個
(1個当たり100株)
1.78% 記載なし 記載なし 記載なし 4年 (H30/6/1 ~ H34/12/6)

*希薄化効果 = 増加普通株式数 ÷ 発行済株式総数

NEXT STORY

【ストックオプション事例研究】日本アジア投資新株予約権(有償ストックオプション)発行

【ストックオプション事例研究】日本アジア投資新株予約権(有償ストックオプション)発行

2017/01/29

日本アジア投資が有償新株予約権を発行した。この有償ストック オプションにはノックアウト条項が付されており、同社の要領や条件から、割当者や既存 株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。