会計・税務のニュース記事一覧

カーライルが連日TOB ユーザベースのプレミアムも破格の水準

カーライルが連日TOB ユーザベースのプレミアムも破格の水準

2022年11月9日、ユーザベースはカーライル・グループのファンドが設立した特別目的会社による株式公開買い付け開始のお知らせと、それに対する賛成意見を表明しました。カーライルは前日に公表した東京特殊電線に続くTOBを実施となります。

記事を読む
破格のプレミアム!カーライルによる東京特殊電線のTOB

破格のプレミアム!カーライルによる東京特殊電線のTOB

株主の皆さん、おめでとうございます!カーライルによる東京特殊電線のTOBが公表されました。買い付け価格は5680円、公表直前終値は2215円でした。この156%というTOBプレミアムは、近年まれに見る破格の水準と言えるものです。

記事を読む
【会計コラム】のれんの会計処理について

【会計コラム】のれんの会計処理について

M&Aにおける重要な会計論点の1つであるのれんについて、海外ではその処理方法の見直しの検討が進んでいます。実務的にはIFRSの選択適用など、結構影響がある会社もあるのではないでしょうか。今回は改めてのれんついてお話したいと思います。

記事を読む
【のれんの減損】日清製粉が黒字予想から185億円の赤字に修正

【のれんの減損】日清製粉が黒字予想から185億円の赤字に修正

製粉大手の日清製粉が2023年3月期の業績予想の下方修正を発表。185億円としていた純利益を一転、185億円の純損失へと修正しました。2019年2月にPEファンドから買収した豪州の製粉会社Allied Pinnacle社の減損損失558億円を計上したためです。

記事を読む
Web3.0とDAO|ブロックチェーンについて解説

Web3.0とDAO|ブロックチェーンについて解説

Web3.0という新世代のインターネットが考案されつつあります。その中でもDAO(分散型自立組織)についてニュース等で耳にする機会が増えてきました。今日はWeb3.0やDAOについて、できるだけわかりやすく考え方を解説します。

記事を読む
M&Aバリュエーションを考える 現預金の事業性

M&Aバリュエーションを考える 現預金の事業性

アルプス電気とアルパインの経営統合で争点となったバリュエーション・アプローチの下での前提や数値の設定は、米国企業の多くが本店を有するデラウェア州の訴訟である「Appraisal Litigation」ではどう判断されているか、紹介する

記事を読む
「取締役会での議論に使える会計・ファイナンス」|編集部おすすめの1冊

「取締役会での議論に使える会計・ファイナンス」|編集部おすすめの1冊

2015年より全上場企業で適用されることになったコーポレートガバナンス・コードの導入により、取締役会に対する要求水準が高まっている。上場会社のマネジメント層に知っておいてほしい会計やファイナンスの実践的な知識がコンパクトにまとまっている。

記事を読む
金融庁の課徴金納付命令額、早くも前年度5倍超に

金融庁の課徴金納付命令額、早くも前年度5倍超に

金融庁の証券取引等監視委員会が2022年度に課徴金納付命令を勧告した不正事案が9月14日現在で12件に上り、早くも2021年度に並んだ。また、金融庁が納付命令を発出した課徴金額は、2021年度(6億3,148万円)の5倍を上回る32億4,771万円に達している

記事を読む
コーポレートガバナンスを考える 株主提案から考える企業価値の創造(下)

コーポレートガバナンスを考える 株主提案から考える企業価値の創造(下)

欧米の会社が赤字でもPBRが高いのは、中長期的なフリーキャッシュフローの創出期待が大きいからである。これは、価値創造の原則を考えれば明らかである

記事を読む
親子上場、イオンがメリット強調 「経営強化に合理的」

親子上場、イオンがメリット強調 「経営強化に合理的」

日本で多く見られた親子上場は、コーポレートガバナンスを重視する動きが強まる中で解消が進んできた。しかし、15の上場子会社を抱える流通最大手のイオンは投資家に対し、親子上場の利点を積極的に発信。その流れとは一線を画している。

記事を読む
聞いてみた。M&Aの専門家はどんな電卓を使っているの。太田陽平公認会計士/税理士は?

聞いてみた。M&Aの専門家はどんな電卓を使っているの。太田陽平公認会計士/税理士は?

若葉総合税理士法人東京事務所(東京都文京区)の太田陽平公認会計士・税理士は、専門学校の推薦で買った電卓を使い続けている。

記事を読む
コーポレートガバナンスを考える 株主提案から考える企業価値の創造(中)

コーポレートガバナンスを考える 株主提案から考える企業価値の創造(中)

代表的な資本コストであるWACC(Weighted Average Cost of Capital)とそれに対応する収益力・資本効率等に関する指標であるROICは、日本の上場会社にも浸透してきている。

記事を読む
【検証】HISのハウステンボス売却額1000億円は高いか安いか

【検証】HISのハウステンボス売却額1000億円は高いか安いか

HISが子会社のハウステンボスの株式を香港系ファンドに譲渡する交渉が進んでいます。本稿では、このハウステンボスへの投資は成功案件なのか、また「株式90%~100%で1,000億円」という売却価格が高いのか安いのかを検討してみたいと思います。

記事を読む
SPACは「ファイナンス」なのか、それとも「EXIT(出口戦略)」なのか

SPACは「ファイナンス」なのか、それとも「EXIT(出口戦略)」なのか

SPAC(特別買収目的会社)を活用したIPOディールは、単にアンダーライター(引受証券)のプライシング(引受価格)に不満を持つ発行体と既存株主が、より良いファイナンスの機会と条件を獲得するためだけに行われるのでしょうか。

記事を読む
聞いてみた。M&Aの専門家はどんな電卓を使っているの。村木良平税理士は?

聞いてみた。M&Aの専門家はどんな電卓を使っているの。村木良平税理士は?

村木良平税理士事務所(大阪府高槻市)の村木良平税理士愛用の電卓は、税理士試験を受けるために使っていた電卓をなくしたために、15、6年前に新しく買い替えたモノで、今の仕事を辞めるまで使い続けるという。

記事を読む
【検証】オウケイウェイブのアップライツ評価額は高すぎたのか

【検証】オウケイウェイブのアップライツ評価額は高すぎたのか

作ねん2月、オウケイウェイブは傘下のCVCを経由してベンチャー企業のアップライツ株式52.6%を約10億円で取得しました。この増資引き受けが異常な高値であったという論点が上がっている模様です。評価額は適正か、またCVCの投資姿勢として正しいのか、考えてみたいと思います。

記事を読む
経産省がCGSガイドライン改訂、中長期インセンティブ報酬の構成比を「40~50%に」

経産省がCGSガイドライン改訂、中長期インセンティブ報酬の構成比を「40~50%に」

経済産業省は7月19日、「コーポレート・ガバナンス・システムに関する実務指針(CGSガイドライン)」の改訂版を公表した。日本企業の経営陣報酬について中・長期インセンティブ報酬の割合が低いと指摘。グローバル水準の業績連動報酬や自社株報酬の導入を促している。

記事を読む
【会計コラム】四半期開示義務の見直しについて

【会計コラム】四半期開示義務の見直しについて

岸田政権の目玉政策の1つである四半期開示の見直しについて、金融審議会において議論がすすんでおり、金融商品取引法の四半期開示義務(第1・第3四半期)が廃止となりそうです。

記事を読む
【解説】内部告発文書で不正が発覚した「アウトソーシング」

【解説】内部告発文書で不正が発覚した「アウトソーシング」

今回は内部告発文書で不正が発覚したプライム上場のアウトソーシングを取り上げます。本事例は、上場会社の中でも多かれ少なかれありうる企業風土の問題に起因するものでした。調査報告書は120ページを超える大作ですが、できる限り要点を絞ってお話したいと思います。

記事を読む
【会計コラム】上場企業の開示について

【会計コラム】上場企業の開示について

日本において四半期開示が行われるようになったのは、実はここ20年くらいのことです。今回は、四半期開示制度の変更が予定されていることを機に、経理の現場で関心が高くなっている「上場企業の開示」についてあれこれと検討してみたいと思います。

記事を読む
M&Aバリュエーションを考える フリー・キャッシュフローの予測期間

M&Aバリュエーションを考える フリー・キャッシュフローの予測期間

アルプス電気とアルパインの経営統合で争点となったバリュエーション・アプローチの下での前提や数値の設定は、米国企業の多くが本店を有するデラウェア州の訴訟である「Appraisal Litigation」ではどう判断されているか、紹介する。

記事を読む
【会計コラム】東証再編の狙いと上場審査への影響

【会計コラム】東証再編の狙いと上場審査への影響

2022年4月より東京証券取引所の市場が再編されました。再編の背景は、旧区分だと市場の特徴が分かりにくいこと、及び東証一部上場企業の数が膨らみすぎてしまったことです。今回はその狙いと移行状況、上場審査への影響について述べたいと思います。

記事を読む
最高裁、不動産の相続税評価額が争われた事案において、納税者敗訴の判決

最高裁、不動産の相続税評価額が争われた事案において、納税者敗訴の判決

相続税申告において、相続財産である不動産の評価額(財産評価基本通達6項)を国が更正処分した事案について、2022年4月19日、最高裁の判決が確定し、納税者が敗訴となりました。本判決は相続税及び贈与税の実務に大きな影響を与えると思われます。

記事を読む
【会計コラム】ソフトウェア制作費等に係る会計処理

【会計コラム】ソフトウェア制作費等に係る会計処理

日本のソフトウェアに係る会計基準は、会計ビッグバンの一環として1998年に設定された「研究開発費等に係る会計基準」です。現基準ではコンテンツに関する会計処理が明確になっておらず、ソフトウェアの会計処理も実態に合わないと感じていました。しかし

記事を読む
コーポレートガバナンスを考える イーロン・マスクによるTwitter買収提案にみるM&Aの役割

コーポレートガバナンスを考える イーロン・マスクによるTwitter買収提案にみるM&Aの役割

電気自動車大手のTeslaのCEOであるElon Musk(イーロン・マスク)氏がSNS大手のTwitterに買収提案を行い、Twitterがこれを受け入れたことが話題となっている。米国におけるM&Aの役割とは何なのか。

記事を読む