前回はマーケット・アプローチ法の一つである「類似取引法」と「取引事例法」を紹介した。今回は、インカム・アプローチの概要と考え方について解説したい。

インカム・アプローチとは?

インカム・アプローチとは、会社から期待される利益、あるいはキャッシュ・フローに基づいて企業価値を評価する方法である。つまり、現在の会社の値段は、今後獲得するであろう現金(キャッシュ)によって決まるという考え方に基づいた評価法ということができる。

インカム・アプローチは、将来の会社の収益獲得能力を企業価値に反映させやすく、会社独自の収益性等をもとに価値を測定することから、会社が持つ将来の収益獲得能力や固有の性質を評価結果に反映させる点で優れているといわれている。

しかし他方で、未来のことを予測するという側面があることから、将来情報に対する恣意性の排除が難しく、客観性が問題になることもある。

今もらえる1万円と1年後にもらえる1万円

まずフリー・キャッシュ・フローとは何か、という本題に入る前に、「将来獲得する現金をどうやって現在の会社の価値に置き換えるのか」という点について考えてみよう。

例えば、現在の1万円と1年後の1万円では、どちらが価値があるだろうか。今1万円もらえる権利と1年後に1万円もらえる権利があり、どちらか一方を選ばなければならないとしたら、どちらを選ぶだろうか。

直観的に、今もらえる1万円の方がいい、という答えが出るだろう。1年後は何が起こるか分からないし、今1万円をもらって銀行に預けておけば、1年後は1万円より多くなっていると考えることもできる。

現在の1万円が1年後には10,100円の価値に

1万円を銀行に預けることを考えてみる。例えば、1年で1%の利息を考えてみよう。今は低金利時代なので、1%の利息は現実から乖離しているが、便宜的に1%とする。1万円は、1年後に10,100円になっている。

つまり、現在の1万円が1年後には10,100円になっているということである。このとき、現在の1万円の価値は1年後の10,100円の価値と等しい、ということができる。