アスクルは、法人向けに消耗品などの購買代行サービスを手がけるアルファパーチェス(東京都港区)の株式66.6%超を取得し子会社化することを決めた。アルファパーチェスは新設会社で、旧・アルファパーチェス(東京都港区。売上高104億円)が全事業を会社分割し2010年11月1日付けで設立する。旧・アルファパーチェスは2000年設立。オフィスや工場、研究所向けに工具や消耗品などの間接材一括購買システム「APMRO」を提供している。アスクルは大企業向けの間接材一括購買システム「ソロエル」を展開する。アルファパーチェスの事業を取り込むことで、顧客基盤の拡大と取り扱い商材の相互補完を図る。取得価額は8億4700万円超。取得予定日は11月1日。