2019年3月、東京・JR「錦糸町」駅前に、かつてセゾングループの一員であり、現在はJ.フロントリテイリング系のパルコ、「錦糸町PARCO」がオープンした。ファッションビルのパルコとともに、ロフト、タワーレコード、西松屋、島村楽器、無印良品、ABCクッキングスタジオなどのテナントが入り、活況を呈している。

その錦糸町PARCOの入っているビルの名称がユニークだ。「楽天地ビル」。一見とぼけたようなビル名だが、その楽天地ビルの賃貸事業を行っているのは株式会社東京楽天地<8842>という東証1部上場企業である。ビル名とともに、社名もクスッと笑えるような、えもいわれぬ趣がある。

東京下町に根を下ろして80年を超える老舗企業

東京楽天地の社歴は古く、創業80年を超える。1937年、資本金100万円で江東楽天地として設立。江東劇場や本所映画館を開場し、1949年に株式を東京証券取引所に上場した。

以後の成長ぶりは下表のとおり(以下、表は東京楽天地ホームページ「沿革」をもとに加工)。

1952年東京・浅草に進出し、劇場2館を開場
1953年不動産事業を展開するため錦糸興業を設立
1960年サウナ事業展開のため泉興業を設立し、さらに錦糸町ステーションビルを設立する
1961年東京楽天地に社名を変更。同年、ビルメンテナンス業の拠点として錦美舎を設立
1963年スポーツ娯楽事業展開のため楽天地スポーツを設立
1964年楽天地ボーリングを開場
1967年現在の錦糸町場外馬券売場(ウインズ錦糸町)がある楽天地ダービービルを竣工

東京楽天地の快進撃は止まらない。さらにグループの拡大は下表のように続く。

1969年楽天地スポーツを楽天地スポーツセンターに社名変更し、楽天地浅草ボウルを開場
1975年飲食物販事業を展開するため楽天地パブを設立、1981年に東証1部上場を果たす
1986年楽天地ビルを竣工
1991年楽天地パブを楽天地ステラに社名変更し、広告代理店事業の展開のためアルフィクスを設立
1992年錦美舎が楽天地セルビスに社名変更し、2005年には楽天地天然温泉「法典の湯」
(千葉県市川市)を開場
2006年TOHOシネマズ錦糸町(現TOHOシネマズ錦糸町オリナス)をオープンし、以後、
西葛西ビル、北新宿ビル、六本木ビルを取得していく

拡大から集約に転換したのは2010年前後のことだろう。下表のように、2010年代に入り、グループ内の吸収合併というかたちでM&Aを続けていく。

2011年泉興業が楽天地スポーツセンターを吸収合併して楽天地オアシスに社名を変更。さらに、
楽天地セルビスが錦糸興業を吸収合併
2012年東京楽天地が関連の楽天地建物を吸収合併し、楽天地セルビスがアルフィクスを吸収合併

このように集約を重ねた東京楽天地が、満を持して新たな施策で打って出たのが2014年のこと。「まるごとにっぽん」という株式会社を設立し、最近では2019年に楽天地オアシスが楽天地ステラを吸収合併する。

事業内容や対象が娯楽だけに、一見ほのぼのとした“身内筋”のM&Aに見えるが、おそらく東京楽天地は、めざすべき楽天地を求めて、アメーバのように拡大と収縮を繰り返してきたのだろう。