東宝出身の経営者が続く

現在の東京楽天地の代表は東宝出身者の中川敬氏。東宝の常務、専務などを経て2015年から東京楽天地取締役を兼務し、2016年に代表取締役となった。前代表の山田啓三氏も東宝出身者。2019年4月の有価証券報告書によると、阪神阪急ホールディングスから2名、東宝から3名が役員として送り込まれている(いずれも兼務を含む)。

東京楽天地の代表・中川敬氏は同社ホームページの社長挨拶のなかで、創業の経緯と現在について次のように語っている。

「当社グループは1937年に創立者・小林一三翁の『東京下町の大衆に健全な娯楽を提供する』という方針のもと創業され、映画・舞台を中心に様々な娯楽を提供し、地元・地域に密着した事業活動を行ってきた。時代の変遷とともに多様化するニーズを的確に捉え、映画興行に加えて不動産賃貸、天然温泉サウナ、フットサル、飲食、ビルメンテナンスなどサービス事業の多角化や他業種への参入を果たし、それら多くの事業分野を分社化し、グループ事業として発展させている」(要約)

東京下町の娯楽にも、大阪の“娯楽とアイデアの神様”の遺志が脈々と受け継がれている。

文:M&A Online編集部