menu
Social media

ビジネス

【意外なM&A子会社5選】ヤフー<4689>がブックオフコーポレーション<3313>と資本業務提携(2014年)

Cover daca35e4 d221 4be8 8582 8bbd4ca16e0b
※画像はイメージです

え? なんであの会社がこの会社を買うの? この会社ってあのグループだったの? と思わず驚かずにはいられない、意外なM&Aがある。そんなディールを集めてみた。前回に続き、IT業界を牽引するヤフーにスポットを当てる。買収の狙い、そしてそこから見えてくるものとは…?

ブックオフコーポレーションを買収し、「リユース革命」を起こす!

(買収金額 約100億円 出資比率約14%、買収時期 2014年5月)

ヤフー<4689>が、中古書店「BOOK OFF」をチェーン展開するブックオフコーポレーション<3313>と資本提携したのは2014年5月。ヤフーの出資比率は直近で約14%とブックオフコーポレーションの筆頭株主ではあるが、持分法適用会社となる。いわゆるヤフーにとってブックオフコーポレーションは「連結子会社」ではなく、「その他の関連会社」という関係だ。

なぜ、資本提携をしたのか。実店舗を持つブックオフコーポレーションとしては、買い取った本のインターネットへの出品による販路の拡大と、総合的な買取り窓口を設置して仕入のバリュエーションを拡大することにあった。その戦略を「リユース革命」と呼んでいる。

リユース革命とは「再利用の市場を消費者が当たり前と思えるように浸透させること」といえるだろう。資本・業務提携契約を締結時のヤフーのプレスリリース(2014年4月)によると、「日本最大級の中古本販売チェーン『BOOKOFF』のチェーン全店で買い取ったモノを、日本最大級のインターネットオークションサイト『ヤフオク!』で販売する仕組みを構築し、現在40%程度にとどまっているとされるリユース経験者を将来的に100%にすることを目指す」としている。

ヤフーは「Yahoo!オークション」(※2013年3月からは「ヤフオク!」)によって、日本にインターネットによる「中古品市場」を生み出した。それは、個人消費の現場での循環型社会の先駆けとなった。

一方、ブックオフコーポレーションは「BOOKOFF」というリアル店舗チェーンで、書籍やCD、ゲーム、さらにアパレルやスポーツ用品、ベビー用品、雑貨、携帯電話などの中古市場を開拓してきた。

しかし、そこにはいくつかの課題もあった。「BOOKOFF」側は、“宝の山”であるとともに、大きな経営上の負担でもある滞留在庫だ。一方、「ヤフオク!」の課題は出品の手間ということがある。サイトへの出品、落札後の梱包・発送などを手間だと感じる人はまだまだ多い。

意外なM&A

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

居酒屋業界の生き残りをかけたチムニーとマルシェの資本業務提携

居酒屋業界の生き残りをかけたチムニーとマルシェの資本業務提携

「はなの舞」を運営する飲食業界第4位のチムニーが、「酔虎伝」「八剣伝」などを運営するマルシェと資本業務提携を締結しました。消費者や投資家からすれば、取るに足らない小さな資本業務提携です(実際、チムニーの株価はほとんど動きませんでした)が、実は今回の提携は居酒屋業界の熾烈な戦いにおける生き残り策を表しているのでした。


注目の記事